2005.07.25

【裁かれたカルテ】 医師の投薬変更指示で薬の一部を中止 自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡

 胸痛発作を起こして病院で通院治療を受けていた患者が、自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡した。病院の医師の投薬変更指示により、それまで服用していた薬の一部を中止した後のことだった。判決は、患者が「冠れん縮性狭心症」だった可能性を見過ごした上、十分な観察を行わずに投薬変更指示を行った過失があったとし、被告病院に5000万円余の支払いを求めるよう命じた。

 原告らは、狭心症の発作を起こして被告の経営する病院を受診していたのに、通院治療中の患者が自宅で発作を起こし死亡したことなどから、担当医師には、(1)入院検査を怠った過失、(2)投薬上の説明を怠った過失、(3)投薬の継続が必要であったにもかかわらず、中止、もしくは変更した過失、(4)病院内における引継ぎを怠った過失−−があったなどと主張し、7000万円余の損害賠償を求めて提訴していた。

 裁判では、「投薬変更」にからむ過失の有無が最大の争点となった。結局、「(投薬変更を指示した)医師は、少なくとも冠れん縮性狭心症の可能性が存在することを前提に治療方針を決定すべきであったのに、これを怠り、安易に投薬変更を指示した過失があるというべきである」と断じた。

 「安易に投薬変更を指示した」との表現はとても重く、医療側の過失を厳しく問う判決となった(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正