2005.07.25

【裁かれたカルテ】 医師の投薬変更指示で薬の一部を中止 自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡

 胸痛発作を起こして病院で通院治療を受けていた患者が、自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡した。病院の医師の投薬変更指示により、それまで服用していた薬の一部を中止した後のことだった。判決は、患者が「冠れん縮性狭心症」だった可能性を見過ごした上、十分な観察を行わずに投薬変更指示を行った過失があったとし、被告病院に5000万円余の支払いを求めるよう命じた。

 原告らは、狭心症の発作を起こして被告の経営する病院を受診していたのに、通院治療中の患者が自宅で発作を起こし死亡したことなどから、担当医師には、(1)入院検査を怠った過失、(2)投薬上の説明を怠った過失、(3)投薬の継続が必要であったにもかかわらず、中止、もしくは変更した過失、(4)病院内における引継ぎを怠った過失−−があったなどと主張し、7000万円余の損害賠償を求めて提訴していた。

 裁判では、「投薬変更」にからむ過失の有無が最大の争点となった。結局、「(投薬変更を指示した)医師は、少なくとも冠れん縮性狭心症の可能性が存在することを前提に治療方針を決定すべきであったのに、これを怠り、安易に投薬変更を指示した過失があるというべきである」と断じた。

 「安易に投薬変更を指示した」との表現はとても重く、医療側の過失を厳しく問う判決となった(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:338
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:650
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:221
  4. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  5. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:179
  7. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:5
  8. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  9. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0