2005.07.25

【骨代謝学会速報】 骨代謝障害と血管障害をつなぐ鍵は炎症−会長講演

 「慢性腎不全や関節リウマチなどで見られる骨量減少などの骨代謝障害や、血管石灰化といった血管障害は、炎症反応を介したメカニズムによるものだ。こうした考え方は、骨粗鬆症などエイジングに関わる疾患やメタボリックシンドロームにおける血管病変を解明する手がかりにもなるだろう」。

 第23回日本骨代謝学会の学会長で、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教授の西沢良記氏は、7月22日に行われた会長講演「骨代謝と血管障害」の中でこう話した。

 骨代謝障害と血管障害の関連性は、以前はエイジングなどによって骨粗鬆症が発症し、骨から溶け出したカルシウムが血管壁へ移動することで血管石灰化や動脈硬化が起こるという考えで説明されていた。しかし近年、骨粗鬆症に関係する因子が血管障害に働き、また逆に血管障害に関わる因子が骨粗鬆症にも関与するなど、両疾患は互いに交差する因子が存在すると考えられるようになってきている。

 その一例として西沢氏は関節リウマチを取り上げ、関節リウマチ患者で見られる頸動脈血管壁の肥厚は、血圧などとは関係しない独立した血管障害の危険因子であり、血管障害の進展には炎症と骨代謝障害が関係すると述べた。

 そして関節リウマチや慢性腎不全などの疾患では、炎症や高サイトカイン血症を介して、骨代謝障害と血管障害が個々に起こること、さらにそこにはOPGやMGP、その他の骨関連蛋白や因子、またサイトカインなどの因子が関わっているだろうと説明した。

 しかし基礎研究において、血管石灰化の抑制因子とされるオステオプロテグリン(OPG)やマトリクスグラプロテイン(MGP)の場合、重度の冠動脈疾患と血管石灰化が見られる透析患者において、OPGは高いがMGPは低いなど、基礎研究における結果と臨床結果とでは不整合なこともあり、今後の検討が必要であると話した。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正