2005.07.25

【骨代謝学会速報】 骨代謝障害と血管障害をつなぐ鍵は炎症−会長講演

 「慢性腎不全や関節リウマチなどで見られる骨量減少などの骨代謝障害や、血管石灰化といった血管障害は、炎症反応を介したメカニズムによるものだ。こうした考え方は、骨粗鬆症などエイジングに関わる疾患やメタボリックシンドロームにおける血管病変を解明する手がかりにもなるだろう」。

 第23回日本骨代謝学会の学会長で、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教授の西沢良記氏は、7月22日に行われた会長講演「骨代謝と血管障害」の中でこう話した。

 骨代謝障害と血管障害の関連性は、以前はエイジングなどによって骨粗鬆症が発症し、骨から溶け出したカルシウムが血管壁へ移動することで血管石灰化や動脈硬化が起こるという考えで説明されていた。しかし近年、骨粗鬆症に関係する因子が血管障害に働き、また逆に血管障害に関わる因子が骨粗鬆症にも関与するなど、両疾患は互いに交差する因子が存在すると考えられるようになってきている。

 その一例として西沢氏は関節リウマチを取り上げ、関節リウマチ患者で見られる頸動脈血管壁の肥厚は、血圧などとは関係しない独立した血管障害の危険因子であり、血管障害の進展には炎症と骨代謝障害が関係すると述べた。

 そして関節リウマチや慢性腎不全などの疾患では、炎症や高サイトカイン血症を介して、骨代謝障害と血管障害が個々に起こること、さらにそこにはOPGやMGP、その他の骨関連蛋白や因子、またサイトカインなどの因子が関わっているだろうと説明した。

 しかし基礎研究において、血管石灰化の抑制因子とされるオステオプロテグリン(OPG)やマトリクスグラプロテイン(MGP)の場合、重度の冠動脈疾患と血管石灰化が見られる透析患者において、OPGは高いがMGPは低いなど、基礎研究における結果と臨床結果とでは不整合なこともあり、今後の検討が必要であると話した。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449