2005.07.24

米国で受動喫煙や子供の鉛への被爆が減少、CDCが報告書

 米国で、受動喫煙や子供の鉛への被爆が、ここ約10年で大幅に減少したことがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が7月21日に公表した報告書、「Third National Report on Human Exposure to Environmental Chemicals」(第3回、環境化学物質に対する人の被爆に関する全米報告書)で明らかにしたもの。

 同報告書によると、受動喫煙への被爆の程度を示す非喫煙者の血中コチニン値は、1999〜2002年の中央値は1988〜91年に比べ、約7割減少した。具体的には、減少率は大人で75%、青少年では69%、子供では68%だった。ただし、子供の血中コチニン値は大人の約2倍と、子供が受動喫煙の被害者になりやすい現状も浮き彫りになった。

 また、子供の学習能力を阻害すると考えられる鉛についても、その被爆が大幅に減少したようだ。1〜5歳で血中鉛濃度が10μg/dL以上だった子どもは、1990年代初めには4.4%に上ったが、1999〜2002年の調査では1.6%に減っている。米国ではかつて塗料などに鉛が配合されていた。長期にわたって建築物を使い続ける欧米ならではの汚染被害といえる。

 一方、尿中カドミウム値については、その値がクレアチン1gあたり1μgで、わずかな腎臓障害と骨ミネラル密度低下のリスク増加に関連することが、最近の研究でわかってきている。今回の報告書では、20歳以上の5%が、この値に近いことが明らかにされており、CDCでは、この点に関するさらなる研究が必要だとしている。

 詳しくは、CDCのニュースリリース、または同報告書を参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182