2005.07.24

米国で受動喫煙や子供の鉛への被爆が減少、CDCが報告書

 米国で、受動喫煙や子供の鉛への被爆が、ここ約10年で大幅に減少したことがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が7月21日に公表した報告書、「Third National Report on Human Exposure to Environmental Chemicals」(第3回、環境化学物質に対する人の被爆に関する全米報告書)で明らかにしたもの。

 同報告書によると、受動喫煙への被爆の程度を示す非喫煙者の血中コチニン値は、1999〜2002年の中央値は1988〜91年に比べ、約7割減少した。具体的には、減少率は大人で75%、青少年では69%、子供では68%だった。ただし、子供の血中コチニン値は大人の約2倍と、子供が受動喫煙の被害者になりやすい現状も浮き彫りになった。

 また、子供の学習能力を阻害すると考えられる鉛についても、その被爆が大幅に減少したようだ。1〜5歳で血中鉛濃度が10μg/dL以上だった子どもは、1990年代初めには4.4%に上ったが、1999〜2002年の調査では1.6%に減っている。米国ではかつて塗料などに鉛が配合されていた。長期にわたって建築物を使い続ける欧米ならではの汚染被害といえる。

 一方、尿中カドミウム値については、その値がクレアチン1gあたり1μgで、わずかな腎臓障害と骨ミネラル密度低下のリスク増加に関連することが、最近の研究でわかってきている。今回の報告書では、20歳以上の5%が、この値に近いことが明らかにされており、CDCでは、この点に関するさらなる研究が必要だとしている。

 詳しくは、CDCのニュースリリース、または同報告書を参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正