2005.07.22

【DDS学会速報】 アステラスが水溶性薬物の経口徐放化を小型の錠剤で実現する技術を開発

 アステラス製薬の研究グループは、水溶性薬物の経口徐放化を小型の錠剤で実現する技術、「OCAS-Smart」の開発に成功した。すでにいくつかの製剤の開発の準備を進めているという。

 水溶性の高い薬物は、そのままでは担体から抜け出してしまう。そのために高分子の材料を錠剤中に増やすことで、薬物を抜け出しにくくするが、錠剤が大きくなり、飲みにくくなるという問題があった。開発した技術は飲みやすい製剤で、しかも製造コストが安くなるという利点がある、成果は7月22日に長崎県佐世保市で開催された日本DDS学会で発表された。

 アステラス製薬が開発した技術は、疎水性が高い部分と電荷を帯びる部分が局在して、ミセル構造を作りやすい水溶性薬物に利用できる技術。ミセル構造をとった薬物の表面荷電と反対電荷を有するポリアクリル酸(PAA)を利用するものだ。PAAを結合させることでマトリックスからの薬物の溶出を従来の高分子化技術と同等に抑えることができた。

 ジルチアゼムを使ってビーグル犬に経口投与する実験でin vivoの効果を確認した。薬剤200mgに500mgの高分子を加えた従来法による700mgの錠剤と、200mgの錠剤にPAAを25mgとゲル形成高分子としてのポリエチレンオキサイド、水を吸収させるためのポリエチレングリコールを加えて合計で300mgとした錠剤を投与した。その結果。錠剤サイズを半分以下にしたPAA含有ジルチアゼムは、PAAをふくまないジルチアゼムと同様、持続安定的な徐放、吸収が確認された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256