2005.07.22

子供の夜泣きを減らすアロマパッチ ラベンダーやネロリの香り成分で眠気誘う

 夜、子供が泣いて眠ってくれない、寝かしつけてもすぐに起きてぐずる……。親にとって子供の夜泣きは大きなストレスだが、これといった打開策がなかった。

 複数の天然アロマ成分を含むパッチタイプの「宇津こども夜ぐっすりアロマシート」は、香り成分を肌から吸収させて眠気を誘い、ぐっすり眠らせて夜泣きを減らすことを狙った商品。宇津救命丸(東京都千代田区)とネイチャーテクノロジー(北海道岩見沢市)が共同開発した。

 薬のような副作用がなく、貼るだけなので子供に使いやすい。子供のカゼ予防を目的にした「宇津こども鼻・のどすっきりアロマシート(ローズマリー、オレンジ、ユーカリなどが主成分)」も商品化した。ともに、1箱(7枚入り)で998円。東日本の薬局・薬店・ドラッグストアなどで6月から販売を開始した。

 アロマシートは、ネイチャーテクノロジーが開発した、植物抽出油の揮発成分を継続的に経皮吸収させる国際技術特許を応用したもの。衣服の内側に粘着テープのついた天然香料成分入りのパッチを、肌に直接触れるように貼る。効果は24時間持続するという。

 「夜ぐっすりアロマシート」に含まれるアロマ成分は、ラベンダー、ネロリ、オレンジなど。緊張やイライラを緩和し、気持ちを落ち着ける入眠促進作用などをもつ。アロマシートによる睡眠導入の効果は、1997年に山梨大学で行われたヒト(成人)を対象にした臨床試験で確認された。

 実験では、健康な成人60人にアロマパッチを貼ってもらい、脳波計を用いて睡眠導入効果を調べた。その結果、平均して11分後に、すべての被験者に覚醒の特徴的脳波であるα(アルファ)波の減少が見られ、眠くなるときに見られるθ(シータ)波やδ(デルタ)波が増加し、軽睡眠状態の特徴である睡眠紡錘波などの脳波の出現が確認された。

 今回の子供用アロマシートは、前述の試験結果をもとにすでに商品化している成人向けアロマシート「健康香料 ビフォアスリープ」に含まれるアロマ含有量を減らしたもの。(黒住紗織、日経ヘルス)。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97