2005.07.21

【骨代謝学会速報】 中外の抗IL6受容体抗体の骨破壊防止効果のデータが8月オープンに

 大阪大学大学院生命機能研究科教授の西本憲弘氏は、ヒト化抗インターロイキン6(IL6)受容体抗体製剤MRA(一般名:トシリズマブ)のレントゲン写真による骨破壊の予防に関するデータが、8月にオープンになることを明らかにした。7月21日に開催された日本骨代謝学会のシンポジウムの発表の中で明らかにしたものだ。

 MRAの骨代謝マーカー改善効果は明らかにされているが、実際にレントゲン写真で骨破壊抑制効果が明確になれば、関節リウマチ治療薬としての期待がさらに高まりそうだ。MRAは最近、中外製薬がキャッスルマン病の治療薬として、認可を確認しているが、関節リウマチへの適応拡大が期待されている製品だ。

 西本氏はシンポジウムで、MRAの関節リウマチを対象にした後期フェーズ2試験の結果を示すとともに、長期投与した結果も紹介した。後期フェーズ2試験は体重1kgあたり、0mg、4mg、8mgのいずれかを4週おきに3回投与し12週目で効果を調べた。リウマチの臨床症状を示すACR20、ACR50、ACR70(数が大きくなるほど改善度が大きい)のいずれでも0mg投与群と比べて有意な改善が確認されている。また、8mgを70週間投与した長期投与試験では、ACR20をクリアした患者は90%、ACR50をクリアした患者は40%、ACR70をクリアした患者は40%に上るという好結果を収めている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84