2005.07.21

兵庫県148台のAEDを国体用に設置

 兵庫県は、2006年9月30日〜10月10日の期間に同県で開催される「のじぎく兵庫国体」と2006年10月14日〜10月16日に開催される「のじぎく兵庫大会」の本大会、および2006年5月27日〜5月28日のリハーサル大会の、ほぼすべての会場に148台の自動体外式除細動器(AED)を配置する。

 今回使用するAEDは、兵庫県民共済生活協同組合が、設立20周年を記念して兵庫県に寄付した。寄付したAEDは、米Cardiac Science社の「Cardio life」。国体終了後のAEDの設置先は現在のところ決まっていない。

 兵庫県では、国体会場へのAED導入に合わせ、今年の7月26日と27日の2日間、国体に関係する職員121人に対し、基本的な心肺蘇生法とAED使用法の講習会を行うことにしている。

 この件のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急