2005.07.20

富山化学の認知症治療薬が米国で臨床試験開始 動物実験で有望結果相次ぐ

 富山化学工業は7月20日、アルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」の米国でのフェーズ1臨床試験を開始したと発表した。

 富山化学は、神経細胞保護作用と神経突起進展促進作用を持つ化合物「T-588」を既に開発し、英国で実施したフェーズ2a試験で有望な結果を得ている。「T-817MA」は、「T-588」の神経細胞死抑制作用を強力にした化合物。

 アミロイドβたんぱく質を脳室内に注入して神経細胞を損傷させ、認知機能障害となったラットに、「T-817MA」を2.5週間投与すると、健康なラットと同程度の機能を維持し、進行抑制効果が確認されたという。さらに、別の動物実験でアミロイドβたんぱく質を8週間注入し、より傷害の程度を重くしたラットに「T-817MA」を4週間投与したところ、認知機能が健康なラットと同程度にまで回復し、その後、1週間休薬しても薬剤の効果が持続していたという。また、神経突起の伸展を促進する活性もあるとしている。

 富山化学は、今後、2006年第4四半期に米国でフェーズ2試験を開始する計画だが、日本における開発は未定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正