2005.07.20

富山化学の認知症治療薬が米国で臨床試験開始 動物実験で有望結果相次ぐ

 富山化学工業は7月20日、アルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」の米国でのフェーズ1臨床試験を開始したと発表した。

 富山化学は、神経細胞保護作用と神経突起進展促進作用を持つ化合物「T-588」を既に開発し、英国で実施したフェーズ2a試験で有望な結果を得ている。「T-817MA」は、「T-588」の神経細胞死抑制作用を強力にした化合物。

 アミロイドβたんぱく質を脳室内に注入して神経細胞を損傷させ、認知機能障害となったラットに、「T-817MA」を2.5週間投与すると、健康なラットと同程度の機能を維持し、進行抑制効果が確認されたという。さらに、別の動物実験でアミロイドβたんぱく質を8週間注入し、より傷害の程度を重くしたラットに「T-817MA」を4週間投与したところ、認知機能が健康なラットと同程度にまで回復し、その後、1週間休薬しても薬剤の効果が持続していたという。また、神経突起の伸展を促進する活性もあるとしている。

 富山化学は、今後、2006年第4四半期に米国でフェーズ2試験を開始する計画だが、日本における開発は未定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43