2005.07.19

腫瘍の凍結融解療法と樹状細胞療法を組み合わせた臨床研究、慶應大が近く開始

 慶應義塾大学医学部教授、先端医科学研究所副所長の河上裕氏は、凍結融解した腫瘍細胞内に樹状細胞を投与する臨床研究を近く開始することをこのほど明らかにした。

 凍結融解でネクローシス、アポトーシスを起こした腫瘍細胞を樹状細胞に取り込ませることで、高い抗腫瘍効果の誘導を目指すものだ。この方法は、マウスの大腸がんモデルで、1cmもの大きさの腫瘍を両側部に持つマウスの片側の腫瘍で行ったところ、両方の腫瘍が消失し、強力な抗腫瘍効果を確認している。慶應大学はがんの凍結融解療法については200例ほどの実績を持つ。今回、さらに細胞療法を組み合わせた臨床研究に取り組む。

 臨床研究では、悪性黒色腫患者を対象に、BCG-CWSなどで感作した樹状細胞を投与する。さらに肝転移がん、肺がんを対象にも行う計画で2年間で6例ずつ行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132