2005.07.19

腫瘍の凍結融解療法と樹状細胞療法を組み合わせた臨床研究、慶應大が近く開始

 慶應義塾大学医学部教授、先端医科学研究所副所長の河上裕氏は、凍結融解した腫瘍細胞内に樹状細胞を投与する臨床研究を近く開始することをこのほど明らかにした。

 凍結融解でネクローシス、アポトーシスを起こした腫瘍細胞を樹状細胞に取り込ませることで、高い抗腫瘍効果の誘導を目指すものだ。この方法は、マウスの大腸がんモデルで、1cmもの大きさの腫瘍を両側部に持つマウスの片側の腫瘍で行ったところ、両方の腫瘍が消失し、強力な抗腫瘍効果を確認している。慶應大学はがんの凍結融解療法については200例ほどの実績を持つ。今回、さらに細胞療法を組み合わせた臨床研究に取り組む。

 臨床研究では、悪性黒色腫患者を対象に、BCG-CWSなどで感作した樹状細胞を投与する。さらに肝転移がん、肺がんを対象にも行う計画で2年間で6例ずつ行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130