2005.07.19

腫瘍の凍結融解療法と樹状細胞療法を組み合わせた臨床研究、慶應大が近く開始

 慶應義塾大学医学部教授、先端医科学研究所副所長の河上裕氏は、凍結融解した腫瘍細胞内に樹状細胞を投与する臨床研究を近く開始することをこのほど明らかにした。

 凍結融解でネクローシス、アポトーシスを起こした腫瘍細胞を樹状細胞に取り込ませることで、高い抗腫瘍効果の誘導を目指すものだ。この方法は、マウスの大腸がんモデルで、1cmもの大きさの腫瘍を両側部に持つマウスの片側の腫瘍で行ったところ、両方の腫瘍が消失し、強力な抗腫瘍効果を確認している。慶應大学はがんの凍結融解療法については200例ほどの実績を持つ。今回、さらに細胞療法を組み合わせた臨床研究に取り組む。

 臨床研究では、悪性黒色腫患者を対象に、BCG-CWSなどで感作した樹状細胞を投与する。さらに肝転移がん、肺がんを対象にも行う計画で2年間で6例ずつ行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455