2005.07.15

中外、タミフル効果で大幅増収増益

 中外製薬は7月14日、2005年12月期中間決算速報を発表、大幅な増収増益を達成したことを明らかにした。これは、抗インフルエンザ薬「タミフル」の大幅売り上げ増が貢献したものだ。売上高は172億円増(12.1%増)の1592億円、経常利益は190億円増(80.8%増)の427億円となった。

 「タミフル」の売り上げ増は、2月から3月にかけてインフルエンザの大流行があったため。前年同期の売上高が72億円であったものが3倍以上となる232億円となった。同社の製品では332億円を売り上げたエリスロポエチン製剤「エポジン」に次ぐ売り上げとなった。なお経常利益の増加には経費の効率化も反映している。

 同社の中間決算は8月4日に発表される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34