2005.07.15

【Q&A】説明内容に対する理解の程度が充分かどうか曖昧な場合 家族の意見はどこまで尊重されるべきか

 MedWaveの読者から、「治療の選択・決定権」について投稿がありました。「超高齢者と呼ばれる方々が増えてきている昨今、痴呆とは言えないまでも、説明内容に対する理解の程度が充分かどうか曖昧な場合が多々あります。そのような場合に、家族の意見はどこまで尊重されるべきでしょうか」と問いかけるものです。事例もご提示いただきました。これをもとに昨年、ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」の読者の方々に、アンケートを実施しました。その結果を報告します。

 重要な案件であると考えまして、再度、報告させていただきます。ご意見、ご感想は、編集部( medken@nikkeibp.co.jp )までお願いいたします。

提示事例】

 80歳代の方が急性大動脈解離(Stanford A型)で救急搬送された場合。

 患者は日常生活において、特に痴呆の様な症状はなく、コミュニケーションも問題なく、食事などの摂取に関しても完全に自律している方でした。しかし、ご高齢であるため、医学的な事はいかに分かり易く説明したつもりでも、充分理解できているかどうか曖昧な印象を医療従事者が持っています。患者は急病とはいえ、話を聞き、自らの意思を伝えることは充分可能な状態とします。手術しなければ、間違いなく死んでしまうであろうことや、手術そのものにもリスクがあることは説明し、本人からは手術して欲しいという意思が述べられました。しかし、医療従事者は患者の理解度に不安があることから、家族にも説明します。そこで家族は「手術して欲しくない」と言い出しました。

 治療の選択・決定権は患者本人にのみあると思われるのですが、患者が果たして「充分理解している」といえるかどうか不安であるという理由で、医療従事者は家族の意見を尊重しようとしました。それが、本人の意思とは異なる場合はどうすればいいのでしょうか。


アンケート結果】

 アンケートでは37人の方から回答をいただきました。

 アンケートではまず、上記の事例で、「手術しない場合の死亡の可能性>手術した場合の死亡の可能性」と医師が判断した場合、本人が承諾すれば家族が反対しても手術するべきかどうかを尋ねました。

 結果は、「手術するべきだと思う」は40.5%で、「手術するべきでないと思う」も40.5%となり拮抗していました。「分からない」は18.9%でした。

*グラフは以下をご覧ください。


 その理由については次回ご報告します。

 実際に、このような事例を経験されたことがあるかどうか尋ねたところ、「ある」は43.2%、「ない」は56.8%でした。半数近くの人がこのような難しい事例に直面していました。

*グラフは以下をご覧ください。



 上記の場合、「手術しないことは、罪になる可能性があるかどうか」を聞きました。それによると、「可能性があると思う」との回答は48.6%で、「可能性はないと思う」の32.4%を上回っていました。「分からない」は18.9%でした(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19