2005.07.14

Bayer社、Onyx社、期待のマルチキナーゼ阻害型抗がん剤ソラフェニブを腎がん対象に米で申請

 米Bayer Pharmaceuticals社と米Onyx Pharmaceuticals 社は7月11日、腫瘍細胞と腫瘍血管系におけるセリン/スレオニンキナーゼと受容体型チロシンキナーゼの両方を標的とする初の経口マルチキナーゼ阻害剤ソラフェニブの承認申請を米国で行ったと発表した。進行性腎細胞がんを対象に申請したもので、RAFキナーゼ、VEGFR-2、VEGF-R3、PDGFR-β、KIT、FLT-3、RETが含まれるがんで重要な役割を果たしているキナーゼ群を標的としている。

 先日開催された米国臨床がん学会(ASCO)で、フェーズ3臨床試験の結果が発表されている。全身投与の薬剤による治療が無効だった900人以上の進行性腎細胞患者を対象にした臨床試験で、画像診断による評価で、無増悪生存期間がプラセボ投与群の中央値が12週間であったのに対して、ソラフェニブ投与群では24週間に延長できた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48