2005.07.12

薬剤師を悩ませる、クレームの実態−−日経DIの特集

最新号表紙画像 突然、患者から激しい怒りをぶつけられ、言葉を失った−−。日々患者と対面している薬剤師であれば、たいていはそんな体験を一つや二つ持っているはず。弊誌が行った薬局でのクレーム調査では、思わぬ失言で話がこじれたケースや、一方的に責め立てられ、金銭で解決したケースなど、実に生々しいクレーム事例が集まった。こうした事例を紹介するとともに、クレーム対応の“達人”たちに、円満解決のための心得を伝授してもらった。

 日経ドラッグインフォメーション7月号の特集は、「薬剤師を悩ませる、クレームの実態」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 インスリンの打ち方、扱い方。投与タイミング・手技の徹底は薬剤師の役目

 インスリン使用患者はほとんどが導入時に教育入院を受けているとはいえ、薬識や病識に乏しいケースが多い。不適切な投与タイミング・手技は血糖コントロール不良につながり、低血糖や合併症の発現など患者の予後にも影響する。患者にインスリン製剤を適切に扱ってもらうためには、薬剤師のサポートが不可欠だ。

DIクイズ:服薬指導
 高尿酸血症患者に適した降圧剤
DIクイズ:処方せんを読む
 本態性振戦に処方された抗てんかん剤
DIクイズ:服薬指導
 嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法
DIクイズ:処方せんを読む
 甲状腺摘出手術後に複葉が必要な薬剤

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション7月号(7月10日発売)をお読み下さい。
 定期購読は、オンラインでもお申込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正