2005.07.11

ファルコ、遺伝子欠失などを見つけやすいMLPA法を利用した遺伝子解析キットの権利を獲得

 大手臨床検査受託企業のファルコバイオシステムズは7月11日、オランダMRC-Holland社から、同社の遺伝子解析用試薬「SALSA MLPA kit」のわが国における独占販売権を獲得、研究用試薬として発売したと発表した。

 「SALSA MLPA kit」は、MRC社が開発したMLPA法と呼ぶ遺伝子解析法を用いるキットでBRCA1、BRCA2、APC、MLH1、MSH2などのがん関連遺伝子や遺伝性疾患関連遺伝子など、多くの種類の遺伝子を解析するキットが開発されている。MRC社は2002年1月からこれらのキットを製造、販売している。

 MLPA法はMultiplex Ligation-dependent Probe Amplification法の略。従来の遺伝子増幅法であるPCR法による解析や遺伝子全体の配列解析法では解析が難しかった遺伝子の大規模な欠失や増幅などの検出に適した方法だという。

 MLPA法の原理は、まず標的遺伝子の特定部分に隣り合って対合する2つのDNAプローブを用意する。それぞれのプローブにはPCR法を行うためのプライマー部位が結合されている。標的遺伝子の特定部位が存在し、隣り合って対合した2つのDNAプローブはリガーゼで結合させそのあとPCR反応を行わせると、特定部位が存在した場合にのみ、2つのDNAプローブが結合した長さのDNA断片が増幅される。1回の反応で45カ所の特定部位まで増幅反応を行うことができ、その増幅産物を電気泳動して、そのパタ−ンから遺伝子の欠失や増幅を判別する(Nucleic Acid Research,202,Vol.30,No.12e57、論文はMRC-Holland社のホームページから得ることができる)。

 ファルコバイオシステムズは、乳がんなどに関連するとされるBRCA1、BRCA2の変異を遺伝子配列決定法によって調べる検査の日本における検査の権利を米Myriad Genetics社から得ており、「SALSA MLPA kit」はの一部は、遺伝子配列決定法による検査を補完するものになると期待している。売り上げは2006年9月期で2000万円、2008年9月期で1億円を見込んでいる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14