2005.07.11

ファルコ、遺伝子欠失などを見つけやすいMLPA法を利用した遺伝子解析キットの権利を獲得

 大手臨床検査受託企業のファルコバイオシステムズは7月11日、オランダMRC-Holland社から、同社の遺伝子解析用試薬「SALSA MLPA kit」のわが国における独占販売権を獲得、研究用試薬として発売したと発表した。

 「SALSA MLPA kit」は、MRC社が開発したMLPA法と呼ぶ遺伝子解析法を用いるキットでBRCA1、BRCA2、APC、MLH1、MSH2などのがん関連遺伝子や遺伝性疾患関連遺伝子など、多くの種類の遺伝子を解析するキットが開発されている。MRC社は2002年1月からこれらのキットを製造、販売している。

 MLPA法はMultiplex Ligation-dependent Probe Amplification法の略。従来の遺伝子増幅法であるPCR法による解析や遺伝子全体の配列解析法では解析が難しかった遺伝子の大規模な欠失や増幅などの検出に適した方法だという。

 MLPA法の原理は、まず標的遺伝子の特定部分に隣り合って対合する2つのDNAプローブを用意する。それぞれのプローブにはPCR法を行うためのプライマー部位が結合されている。標的遺伝子の特定部位が存在し、隣り合って対合した2つのDNAプローブはリガーゼで結合させそのあとPCR反応を行わせると、特定部位が存在した場合にのみ、2つのDNAプローブが結合した長さのDNA断片が増幅される。1回の反応で45カ所の特定部位まで増幅反応を行うことができ、その増幅産物を電気泳動して、そのパタ−ンから遺伝子の欠失や増幅を判別する(Nucleic Acid Research,202,Vol.30,No.12e57、論文はMRC-Holland社のホームページから得ることができる)。

 ファルコバイオシステムズは、乳がんなどに関連するとされるBRCA1、BRCA2の変異を遺伝子配列決定法によって調べる検査の日本における検査の権利を米Myriad Genetics社から得ており、「SALSA MLPA kit」はの一部は、遺伝子配列決定法による検査を補完するものになると期待している。売り上げは2006年9月期で2000万円、2008年9月期で1億円を見込んでいる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25