2005.07.11

大正製薬と養命酒製造が提携へ、商品・市場での相互補完狙う

 大衆薬最大手の大正製薬と、薬用酒最大手の養命酒製造は7月11日、資本提携を含めた業務提携を行うことで合意、同日発表した。大正製薬が養命酒製造の発行済み株式総数の6.6%を取得して筆頭株主になるほか、養命酒製造も大正製薬の株式を取得する。また、両社合同の委員会を設置し、業務提携の中身を具体的に検討していく。

 両社は、セルフメディケーションの普及や大衆薬市場の縮小、規制緩和などによる事業環境の変化に対応するためには、医薬品と食品の垣根を越えて競争力をつけることが必要と考え、業務提携に踏み切ったとしている。具体的には、新商品の共同開発、生薬技術を生かした市場開拓、中国市場への進出などが挙がっている。

 大正製薬の2005年3月期決算は、売上高・経常利益とも前期比で減少しており、養命酒製造も、2003年3月期から3回続けて減収の決算が続いている。こうした状況の中、ドリンク剤やOTC薬で幅広い顧客層を持つ大正と、生薬技術に強みを持ち女性・中高年層が顧客の中心を占めている養命酒の組み合わせは、商品とマーケットの両面で相互補完作用が働くことが期待できる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正