2005.07.10

ロシュ社長、日本のテーラーメード医療が遅れる可能性に危機感を表明

 日本で最も多くの遺伝子検査薬を供給しているロシュ・ダイアグノスティックス社長の小川渉氏はこのほどインタビューに応じ、健康保険で遺伝子検査を認めるのか、患者のインフォームドコンセントはどうするのか、倫理的な側面をどう扱うかなど、遺伝子検査の普及のためには多くの問題が残っていることを指摘した。

 そして、メーカー単独あるいは遺伝子検査に注力している数社が集まってこれらの問題解決にあたろうと思っても不十分であり、このままでは日本のテーラーメード医療は遅れてしまうという危機感を持っていることを表明した。行政、学会、患者団体、医療の供給側と支払い側、メーカー、検査実施企業などが集まって、テーラーメード医療やそれを診断面で支える遺伝子検査に対する国民的なコンセンサスづくりを急がなければならないと指摘した。

 ロシュは感染症の遺伝子検査薬を中心に年間140億円強を売り上げている。最近はDNAチップを利用した検査薬の開発も促進させている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153