2005.07.10

ロシュ社長、日本のテーラーメード医療が遅れる可能性に危機感を表明

 日本で最も多くの遺伝子検査薬を供給しているロシュ・ダイアグノスティックス社長の小川渉氏はこのほどインタビューに応じ、健康保険で遺伝子検査を認めるのか、患者のインフォームドコンセントはどうするのか、倫理的な側面をどう扱うかなど、遺伝子検査の普及のためには多くの問題が残っていることを指摘した。

 そして、メーカー単独あるいは遺伝子検査に注力している数社が集まってこれらの問題解決にあたろうと思っても不十分であり、このままでは日本のテーラーメード医療は遅れてしまうという危機感を持っていることを表明した。行政、学会、患者団体、医療の供給側と支払い側、メーカー、検査実施企業などが集まって、テーラーメード医療やそれを診断面で支える遺伝子検査に対する国民的なコンセンサスづくりを急がなければならないと指摘した。

 ロシュは感染症の遺伝子検査薬を中心に年間140億円強を売り上げている。最近はDNAチップを利用した検査薬の開発も促進させている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25