2005.07.10

ロシュ社長、日本のテーラーメード医療が遅れる可能性に危機感を表明

 日本で最も多くの遺伝子検査薬を供給しているロシュ・ダイアグノスティックス社長の小川渉氏はこのほどインタビューに応じ、健康保険で遺伝子検査を認めるのか、患者のインフォームドコンセントはどうするのか、倫理的な側面をどう扱うかなど、遺伝子検査の普及のためには多くの問題が残っていることを指摘した。

 そして、メーカー単独あるいは遺伝子検査に注力している数社が集まってこれらの問題解決にあたろうと思っても不十分であり、このままでは日本のテーラーメード医療は遅れてしまうという危機感を持っていることを表明した。行政、学会、患者団体、医療の供給側と支払い側、メーカー、検査実施企業などが集まって、テーラーメード医療やそれを診断面で支える遺伝子検査に対する国民的なコンセンサスづくりを急がなければならないと指摘した。

 ロシュは感染症の遺伝子検査薬を中心に年間140億円強を売り上げている。最近はDNAチップを利用した検査薬の開発も促進させている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47