2005.07.08

肌の透明度や明るさがアップ グルタチオン増やす薬用化粧品、メナードが発売へ

 日本メナード化粧品は、グルタチオンを皮膚内に増やすことでアンチエイジング効果を発揮するスキンケア化粧品「薬用リシアルEX」シリーズ6商品を開発、8月21日に発売する。グルタチオンは抗酸化作用により、肌の老化を防ぐとされる。

 「何だか最近、肌がくすんで透明感がなくなってきた・・」。鏡の前で自分の顔を見て、ため息をつく女性は少なくないはず。人間は年齢を重ねていくと、肌の透明感や明るさが低下し、代わりに肌の黄色みが上昇する。

 メナードは、加齢に伴うこうした肌の変化を防ぐために、皮膚の細胞に存在するアンチエイジング成分グルタチオンを増やす生薬成分「細辛(サイシン)エキス」を配合した。

 グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸で構成されるペプチド。グルタチオンは抗酸化物質として知られるが、メナードは試験管実験で、このほか表皮中の黒色メラニンの数を減少させる美白作用、表皮中の糖分解物メチルグリオキサールを減らして肌の黄ばみを防ぐ作用を確認した。

 しかし、グルタチオンは構造上の問題で、皮膚の細胞に浸透しにくい。そこで、グルタチオンを外から補うのではなく、体内のグルタチオンのリサイクルを進めて有効量を増す方法を考えた。

 グルタチオンは、いったん美肌効果を発揮すると、活性型から不活性型に代わり、機能しなくなる。不活性型グルタチオンは、体内にあるグルタチオン活性化酵素によって再び活性化されるが、年をとると、グルタチオン活性化酵素の働きが低下するため、結果として活性型グルタチオンはリサイクルされず、体内量が減ってしまう。

 様々な和漢生薬を調べた結果、日本で平安時代から使われてきた美容生薬「細辛エキス」がグルタチオン活性化酵素の働きを高め、活性型のグルタチオンを増やすことがわかった。

 実際に、今回発売される「薬用リシアルEX」シリーズ6品を20〜50代の女性50人以上に1カ月間、朝晩のスキンケアで使ってもらったところ、肌の透明度が9.6%アップ、明るさ(L値)が33.5%アップ、黄色み(b値)は17%減少したとしている。

 「薬用リシアルEX」は、クレンジングクリーム(130g・5775円)、ウォシングクリーム(130g・5775円)、マッサージクリーム(80g・6300円)、ローション(“しっとり”と“さっぱり”の2タイプ、150ml・6300円)、ミルクローション(100ml・6300円)、クリーム(30g・6825円)の6商品。すべて医薬部外品。(蓬莱明子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466