2005.07.07

BML、抗酸菌の種類を同定する遺伝子キットの臨床試験を8月にも開始

 大手臨床検査受託会社のビー・エム・エル(BML)は、遺伝子を簡便に検出できる方インベーダー法を利用した抗酸菌の同定キットの体外診断薬としての臨床試験を8月にも開始する。来年初めにも申請する計画だ。

 BMLのキットは、384ウエルのプレートを用い、抗酸菌属の16SリボソーマルRNAの5’側配列の超可変領域の違いをインベーダー法で検出し、20種類の抗酸菌を同定するもの。66度で4時間反応させた後、蛍光プレートリーダーで計測する。抗酸菌を培養してから菌の同定を行う確定診断に使われるもので、既に全DNA塩基配列の類似性を利用して同定するDDH法で行われている検査を代替することを目指している。

 インベーダー法は、DNAまたはRNAの特異的な配列に対し、あらかじめ設計したプローブが結合した場合のみ、特異的に切断する酵素「Cleavase」によりプローブの一部が切断され、これを検出する技術。迅速で安価に検出できるだけでなく、一塩基多型(SNP)の検出に利用されるほど、特異性の高い検査技術だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176