2005.07.07

BML、抗酸菌の種類を同定する遺伝子キットの臨床試験を8月にも開始

 大手臨床検査受託会社のビー・エム・エル(BML)は、遺伝子を簡便に検出できる方インベーダー法を利用した抗酸菌の同定キットの体外診断薬としての臨床試験を8月にも開始する。来年初めにも申請する計画だ。

 BMLのキットは、384ウエルのプレートを用い、抗酸菌属の16SリボソーマルRNAの5’側配列の超可変領域の違いをインベーダー法で検出し、20種類の抗酸菌を同定するもの。66度で4時間反応させた後、蛍光プレートリーダーで計測する。抗酸菌を培養してから菌の同定を行う確定診断に使われるもので、既に全DNA塩基配列の類似性を利用して同定するDDH法で行われている検査を代替することを目指している。

 インベーダー法は、DNAまたはRNAの特異的な配列に対し、あらかじめ設計したプローブが結合した場合のみ、特異的に切断する酵素「Cleavase」によりプローブの一部が切断され、これを検出する技術。迅速で安価に検出できるだけでなく、一塩基多型(SNP)の検出に利用されるほど、特異性の高い検査技術だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94