2005.07.06

住友製薬、統合失調症治療薬候補についてMerck社と提携

 住友製薬は7月6日、同社が国内外で開発中の統合失調症治療薬候補化合物「SM-13496」の開発と販売について、米Merck社と提携したことを発表した。契約により、住友が権利を確保する日本、中国、韓国、台湾を除き、全世界における開発・販売権をMerck社が取得する。

 「SM-13496」はフェーズ1(第1相臨床)試験を欧州で実施した後、フェーズ2試験を米国で実施、現在フェーズ3試験を準備中の段階だ。わが国ではフェーズ2b試験が行われている。この開発段階でMerck社が導入を決定したことは、「SM-13496」の可能性を高く評価しているといってもよさそうだ。

 Merck社は米国における「SM-13496」の臨床試験を引き継ぎ、フェーズ3試験を実施していく。住友はMerck社から契約一時金、成果達成報酬、発売後の売り上げに応じたロイヤルティを受け取ることになる。また、米国においてMerck社と共同販売促進活動を行う権利を留保している。

 「SM-13496」はドーパミンD2受容体拮抗作用とセロトニン5HT2A受容体拮抗作用を併せ持つ化合物。統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があり、しかも錘体外路系副作用が弱いという特徴があるという。住友が日本だけでなく世界市場で大型商品になることを期待している製品だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0