2005.07.05

抗がん効果が期待される活性化自己γδT細胞の臨床研究 メディネットがオーストラリアの病院と共同で実施

 がん細胞療法のベンチャー企業であるメディネットは7月5日、オーストラリアGreenslopes Private Hospital免疫細胞療法センター長のAndrew Nicol氏と共同で、進行性血液がんと固形がんを対象に、活性化自己γδT細胞療法に関する臨床研究を共同で実施すると発表した。

 T細胞は、厳密な特異性をもつ獲得免疫で働くαβT細胞と、様々な類似の抗原を交差して認識する先天免疫で働くγδT細胞に大きく分けることができる。

 メディネットは、γδT細胞が特定の条件下で、がん細胞に対して強い殺傷作用を発揮することを見いだしている。また、同社は、特定の化学合成物質を用いることで、γδT細胞だけを大量に増殖させて活性化することに成功している。

 一方、Nicol氏は、γδT細胞を用いた治療の臨床的な有用性を確認するために、初期段階の臨床試験を始めている。共同研究によって、メディネットはNicol氏の臨床試験の初期データを優先的に得ることができ、日本国内で活性化自己γδT細胞の臨床試験の開始を早めることができると期待している。そして、両者が情報を相互に活用して試験内容を充実させ、豊富で質の高い臨床データを獲得できるとしている。

 メディネットが予定している、活性化自己γδT細胞の国内の臨床試験は、同社の免疫細胞療法を実施している医療機関、大学病院などの地域中核医療機関と共同で、順次開始される計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130