2005.07.05

抗がん効果が期待される活性化自己γδT細胞の臨床研究 メディネットがオーストラリアの病院と共同で実施

 がん細胞療法のベンチャー企業であるメディネットは7月5日、オーストラリアGreenslopes Private Hospital免疫細胞療法センター長のAndrew Nicol氏と共同で、進行性血液がんと固形がんを対象に、活性化自己γδT細胞療法に関する臨床研究を共同で実施すると発表した。

 T細胞は、厳密な特異性をもつ獲得免疫で働くαβT細胞と、様々な類似の抗原を交差して認識する先天免疫で働くγδT細胞に大きく分けることができる。

 メディネットは、γδT細胞が特定の条件下で、がん細胞に対して強い殺傷作用を発揮することを見いだしている。また、同社は、特定の化学合成物質を用いることで、γδT細胞だけを大量に増殖させて活性化することに成功している。

 一方、Nicol氏は、γδT細胞を用いた治療の臨床的な有用性を確認するために、初期段階の臨床試験を始めている。共同研究によって、メディネットはNicol氏の臨床試験の初期データを優先的に得ることができ、日本国内で活性化自己γδT細胞の臨床試験の開始を早めることができると期待している。そして、両者が情報を相互に活用して試験内容を充実させ、豊富で質の高い臨床データを獲得できるとしている。

 メディネットが予定している、活性化自己γδT細胞の国内の臨床試験は、同社の免疫細胞療法を実施している医療機関、大学病院などの地域中核医療機関と共同で、順次開始される計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198