2005.07.04

パソコンで健康管理できる電子血圧計、シチズン・システムズが発売

 シチズン・システムズは7月4日、パソコンで日々の健康管理ができる「パーソナルドクター」システムを開発したと発表した。測定した健康情報は無線で自動送信する方式なので、装置の接続などの面倒な操作がいらないのが特徴。

 第1弾として、パソコン上で動作する健康管理ソフトと受信ユニットを組み合わせた「パーソナルドクター受信キット『HA-200RK』」、専用通信カートリッジ「HA-100TX」、電子血圧計「CH-425P」を7月8日に発売する。価格は、受信キットHA-200RKが1万2075円(税込み)、通信カートリッジHA-100TXが3675円(税込み)、電子血圧計はオープン価格としている。

 パーソナルドクター・ソフトは、測定データを通信ユニット経由で自動伝送できるほか、問診情報や、体重、歩数、体脂肪率などを手動で入力でき、総合的な自己管理が可能だ。受信ユニットは、パソコンのUSBポートに装着する方式。障害物がない室内で最大8m程度のワイヤレス通信が可能。

 電子血圧計を健康管理システムに接続するには、専用通信カートリッジを装着する。単体でも利用でき、4人までの1回分(最高血圧、最低血圧)の測定結果を保存できる。加圧値は4段階に設定できるので、年齢を問わず利用可能だ。

 シチズン・システムズはシチズン時計の連結子会社。プレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正