2005.07.04

【更新】Pfizer社、塩野義の抗HIV薬など2製品の開発から撤退

 米Pfizer社は、7月1日、塩野義製薬から導入して開発を進めていた抗HIV薬など2製品の開発プロジェクトから撤退すると発表した。

 Pfizer社が開発から撤退する製品は、経口非ヌクレオシド型逆転写酵素阻害剤であるcopravirineと慢性閉塞性肺疾患と喘息の治療薬候補の「Daxas」(一般名:Roflumilast) 。

 Copravirineは塩野義から1998年6月に導入した製品。現在利用可能な抗レトロウイルス剤で治療がうまくいかなかったエイズ患者を対象に試験が行われていた。Pfizer社は、HIV感染者に対する標準的治療法である3剤併用療法にCopravirineを加えて投与する群と3剤併用療法のみを投与する群を比較した第2相臨床試験の結果、統計学的に有意な結果が得られず、開発中止を決定した。Copravirineの権利は塩野義に返還される。

 なお、塩野義は「当面、国内で開発予定はない」(同社広報部)としている。

 Daxasについては、Pfizer社は、米Altana Pharma社と同剤について締結していた開発に関する提携を終了させることで合意した。提携終了の理由は明らかにされていない。Daxasはフォスフォジエステラーゼ阻害剤で、Altana社は今後は進行中の臨床試験を単独で継続する。また、欧州においてはAltana社はDaxasの販売認可申請を既に行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正