2005.07.04

【更新】Pfizer社、塩野義の抗HIV薬など2製品の開発から撤退

 米Pfizer社は、7月1日、塩野義製薬から導入して開発を進めていた抗HIV薬など2製品の開発プロジェクトから撤退すると発表した。

 Pfizer社が開発から撤退する製品は、経口非ヌクレオシド型逆転写酵素阻害剤であるcopravirineと慢性閉塞性肺疾患と喘息の治療薬候補の「Daxas」(一般名:Roflumilast) 。

 Copravirineは塩野義から1998年6月に導入した製品。現在利用可能な抗レトロウイルス剤で治療がうまくいかなかったエイズ患者を対象に試験が行われていた。Pfizer社は、HIV感染者に対する標準的治療法である3剤併用療法にCopravirineを加えて投与する群と3剤併用療法のみを投与する群を比較した第2相臨床試験の結果、統計学的に有意な結果が得られず、開発中止を決定した。Copravirineの権利は塩野義に返還される。

 なお、塩野義は「当面、国内で開発予定はない」(同社広報部)としている。

 Daxasについては、Pfizer社は、米Altana Pharma社と同剤について締結していた開発に関する提携を終了させることで合意した。提携終了の理由は明らかにされていない。Daxasはフォスフォジエステラーゼ阻害剤で、Altana社は今後は進行中の臨床試験を単独で継続する。また、欧州においてはAltana社はDaxasの販売認可申請を既に行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
  3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
  5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
  6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
  7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
  9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
  10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
医師と医学研究者におすすめの英文校正