2005.07.01

バナジウム含む天然水に糖尿病改善に効果、アサヒ飲料などが確認

 アサヒ飲料とアサヒビール、日本薬科大学、東京医科大学による共同研究で、ミネラルの一種であるバナジウムを含む天然水が糖尿病を改善する効果を持つことがわかった。

 2型糖尿病モデルマウスに、富士山の裾野の地下から採水したバナジウムを含む天然水を3カ月間飲ませたところ、体重の増加が有意に抑制され、脂肪組織のインシュリン受容体数が増加するなど、臓器・組織の病変を改善することが確認された。また、この天然水を長期間摂取しても、バナジウムが特定の臓器に蓄積するような現象は見られず、安全性にも問題ないことが確認された。これらの研究結果は、6月30日から京都で開催される第16回日本微量元素学会で発表される。

 実験では、8週齢前後から血糖値が上昇する「インシュリン非依存型糖尿病自然発症動物」のKK-Ay系マウスを使用。このマウス10匹ずつで3グループ作り、各グループに、1L当たり62μgのバナジウムを含む天然水、この天然水を5倍濃縮した水、蒸留水をそれぞれ飲料水として6週齢から3カ月間与えた。ちなみにマウスの3カ月間は、ヒトに換算すると7〜8年に相当する。

 この結果、バナジウム含有天然水を与えたグループと、5倍濃度の水を与えたグループでは、体重の増加が有意に抑制された。また、試験終了後、マウスの臓器組織を調査した結果、バナジウム含有天然水を飲用したグループでは、次の4つの変化が見られた。(1)脂肪組織のインシュリン受容体数が増加、(2)脂肪組織のインシュリン受容体成分が増加、(3)インシュリンの刺激により血中の糖を細胞内に取り込む役割をするグルコーストランスポーターが、ひふく筋で増加、(4)膵臓のβ細胞のインシュリン産生能が改善。これらにより、バナジウム含有天然水が臓器組織レベルで病変を改善することが示唆された。

 一方、毒性について調べるため、試験終了後に蓄積の可能性が報告されている、肺や肝臓など12種類の組織を摘出し、バナジウムの含有量を測定した。その結果、バナジウム含有天然水を与えたグループでの組織中のバナジウム含有量は、蒸留水を与えたグループよりもやや高くなっていたが、生体内に取り込まれたバナジウムは摂取したバナジウム量の0.1%程度だった。また、特定の臓器に集中的に蓄積するような特異的な現象は見られなかった。

 これらにより、アサヒ飲料では、「バナジウム含有天然水は、糖利用効率の改善効果があるとともに、長期間継続して飲用しても安全性が高いことが確認された。この天然水は飲用水としてだけでなく、普段の食事の材料としても利用でき、食生活を通じた生活習慣病の予防や改善が期待できる」としている。

 アサヒビールグループのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(武田京子、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95