2005.06.29

【データを読む】医療関係の訴訟、新規件数が年間1000件時代に突入



 年々増加している医療関係の訴訟は、ついに年間1000件時代に突入してしまった。最高裁判所のデータによると、2004年の新規件数は1107件となり、前年の998件から109件の増となった。1994年の新規件数が506件だったことから、この10年間で2倍になったことになる(図)。

 一方で、何らかの決着がついた件数(既済)も年間1000件台を保っており、また、平均審理期間も27.3月で前年に引き続き30月を切り、この10年余りでもっとも短くなった。最高裁が進めていた「医事関係訴訟委員会」の設置などの改革が成果を生み出している。

 診療科目別に新規件数を見た場合、もっとも多いのは「内科」で272件だった(以下の図。複数にまたがる事件ではそれぞれの科目に計上されている。概数であり後日変更がありうる)。次に多いのが「外科」で228件。「整形・形成外科」が148件で3位に入っている。前年3位だった「産婦人科」は、143件で4位となった。2001年から2004年の4年間で見ると、「歯科」が49件から83件に急増しているのが目に付く。(三和護、医療局編集委員)





====
お知らせ
====
 MedWaveでは、有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学2005」を開講しました。ご興味のある方は以下の画面をご覧ください。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/masaka/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161