2005.06.28

味の素、アミノ酸の「グリシン」に睡眠の質を高める効果を確認

 味の素は6月28日、アミノ酸の「グリシン」に「すっきり起床できない」「日中眠い」「作業効率が上がらない」といった状態の改善や、深い眠りへのすみやかに移行を促す効果など、「睡眠の質」を改善する作用を持つことが明らかになったと発表した。

 研究では、日常の睡眠に問題を感じている男女44人のうち、「起床時も眠い」「寝ても疲労が取れない」「熟眠感がない」のいずれかの項目をほぼ毎日問題を感じている21人に対し、就寝30分前にグリシン3gを摂取してもらったところ、翌朝の疲労感や全般的気分の向上が認められたという。

 次に睡眠に問題のない男性7人に対して、通常の睡眠時間の75%程度まで睡眠時間を制限した睡眠不足状態で、就寝前にグリシンを摂取してもらったところ、「日中の疲労感」「ねむけ」が軽減されていた。さらに、パソコンを用いた作業効率試験でも作業効率の向上を確認された。

 また、東京慈恵会医科大学および太田睡眠科学センターの協力で、睡眠中の脳波測定を行った。睡眠に問題を感じている男女11人にグリシンを摂取させたところ、就寝後、ノンレム睡眠のなかの深い睡眠ステージである徐波睡眠に達するまでの時間が短縮することがわかった。これによりグリシンには深い眠りをすみやかに導くことが示された。

 この件に関するプレスリリースはこちらから入手できる。味の素は、グリシンが睡眠の質に与える効果について、2004年9月に第1報を発表している(当時のプレスリリースはこちら)。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25