2005.06.28

そーせい、英NeuroSolutions社と共同で神経因性疼痛に対する新規医薬候補品を見出す

 バイオ医薬品会社のそーせいは6月28日、提携先の英NeuroSolutions社と共同で、神経因性疼痛に対する新規医薬候補品「DRP-043」(NeuroSolutions社コード:NSL-043)を見出したと発表した。

 神経因性疼痛は神経の損傷や機能障害などから生じる慢性の痛みのこと。治療法は確立されていない。多発性硬化症や糖尿病性神経痛のような長期にわたる種々の疾患状態に関与していると見られている。

 両社は本件に関する特許を出願。本提携による知的財産権を両社が共有し、今後も共同開発を進める。

 この件に関するプレスリリースはこちら(PDF)から入手できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65