2005.06.28

そーせい、英NeuroSolutions社と共同で神経因性疼痛に対する新規医薬候補品を見出す

 バイオ医薬品会社のそーせいは6月28日、提携先の英NeuroSolutions社と共同で、神経因性疼痛に対する新規医薬候補品「DRP-043」(NeuroSolutions社コード:NSL-043)を見出したと発表した。

 神経因性疼痛は神経の損傷や機能障害などから生じる慢性の痛みのこと。治療法は確立されていない。多発性硬化症や糖尿病性神経痛のような長期にわたる種々の疾患状態に関与していると見られている。

 両社は本件に関する特許を出願。本提携による知的財産権を両社が共有し、今後も共同開発を進める。

 この件に関するプレスリリースはこちら(PDF)から入手できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476