2005.06.27

茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ

 農水省は6月26日、茨城県水海道市の採卵鶏飼養農場(飼養羽数:約2万5000羽)でトリインフルエンザの発生を確認したと発表した。分離されたのは、H5N2亜型A型インフルエンザウイルスで、2004年に日本で発生したH5N1亜型とは異なっていた。

 発生が確認された採卵鶏飼養農場では、今年の4月ごろから産卵率が低下し、1カ月で最大100羽程度の死亡羽数の増加が確認された。このため、5月下旬に民間の検査施設が農場の飼養鶏について細菌やウイルスの検査を開始した。

 検査の結果、6月24日にA型インフルエンザウイルスを疑うウイルスが分離されたため、翌25日には、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所でウイルスの同定の検査を開始し、26日にH5N2亜型A型インフルエンザウイルスを分離した。

 茨城県は25日、家畜保健衛生所が農場や周辺農場の立入調査を行ったが、現時点でいずれの農場においても臨床的な異常は確認されていないという。

 農水省は、遺伝子解析の結果などから「分離ウイルスは病原性の弱いタイプのもの」としている。

 茨城県は、発生農場の飼養鶏の殺処分を指示し、鶏舎の消毒などを命じる。また、発生農場を中心とした半径5km以内に所在する農場については、清浄性が確認されるまでの期間、飼養鶏などの移動を制限する措置をとる。(三和護、医療局編集委員)

農水省の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176