2005.06.27

茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ

 農水省は6月26日、茨城県水海道市の採卵鶏飼養農場(飼養羽数:約2万5000羽)でトリインフルエンザの発生を確認したと発表した。分離されたのは、H5N2亜型A型インフルエンザウイルスで、2004年に日本で発生したH5N1亜型とは異なっていた。

 発生が確認された採卵鶏飼養農場では、今年の4月ごろから産卵率が低下し、1カ月で最大100羽程度の死亡羽数の増加が確認された。このため、5月下旬に民間の検査施設が農場の飼養鶏について細菌やウイルスの検査を開始した。

 検査の結果、6月24日にA型インフルエンザウイルスを疑うウイルスが分離されたため、翌25日には、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所でウイルスの同定の検査を開始し、26日にH5N2亜型A型インフルエンザウイルスを分離した。

 茨城県は25日、家畜保健衛生所が農場や周辺農場の立入調査を行ったが、現時点でいずれの農場においても臨床的な異常は確認されていないという。

 農水省は、遺伝子解析の結果などから「分離ウイルスは病原性の弱いタイプのもの」としている。

 茨城県は、発生農場の飼養鶏の殺処分を指示し、鶏舎の消毒などを命じる。また、発生農場を中心とした半径5km以内に所在する農場については、清浄性が確認されるまでの期間、飼養鶏などの移動を制限する措置をとる。(三和護、医療局編集委員)

農水省の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正