2005.06.24

米カンザス州で今年初のウエストナイル熱患者が発生

 米疾病対策センター(CDC)は6月20日、米国内で今年初のウエストナイル熱患者がカンザス州で発生したことを明らかにした。米国では1999年に最初の感染者が発見されて以来、これまでに1万7000人が発症、このうち650人が死亡するという大きな被害が発生している。

 CDCに先立ってカンザス州保健環境局が6月16日に明らかにしたところによると、患者はカンザス州東部のダグラス郡在住の51歳の男性で5月中旬に感染したと見られる。神経症状は出ておらず、ウエストナイル脳炎・脳症よりも軽症のウエストナイル熱だという。

 他州では感染者は発生していないが、今年に入って既に全米14州でウエストナイルウイルスに感染した鳥、馬、蚊が見つかっており、CDCでは予防を心がけるように呼びかけている。

 米国では、アラスカとハワイの2州を除く全州で感染者が発生している。最大の被害が発生した2003年には9862人が発症し、264人の死者が出た。2004年には発症者が2535人、死亡は98人と減少している。ウエストナイル熱は1999年にニューヨークに上陸した後、西に向かって広がっていった。初の感染者が出た翌年に多数の被害が発生することが経験上知られている。

 ウエストナイルウイルスに感染した場合、米国ではおおむね5人に1人がウエストナイル熱を発症し、約150人に1人が脳炎・脳症を発症し、ときには死に至る。50歳以上、または臓器移植を受けた人では重症化のリスクが高い。現在のところ、ウエストナイル熱に有効な治療薬やワクチンは製品化されていない。

 CDCのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97