2005.06.24

米カンザス州で今年初のウエストナイル熱患者が発生

 米疾病対策センター(CDC)は6月20日、米国内で今年初のウエストナイル熱患者がカンザス州で発生したことを明らかにした。米国では1999年に最初の感染者が発見されて以来、これまでに1万7000人が発症、このうち650人が死亡するという大きな被害が発生している。

 CDCに先立ってカンザス州保健環境局が6月16日に明らかにしたところによると、患者はカンザス州東部のダグラス郡在住の51歳の男性で5月中旬に感染したと見られる。神経症状は出ておらず、ウエストナイル脳炎・脳症よりも軽症のウエストナイル熱だという。

 他州では感染者は発生していないが、今年に入って既に全米14州でウエストナイルウイルスに感染した鳥、馬、蚊が見つかっており、CDCでは予防を心がけるように呼びかけている。

 米国では、アラスカとハワイの2州を除く全州で感染者が発生している。最大の被害が発生した2003年には9862人が発症し、264人の死者が出た。2004年には発症者が2535人、死亡は98人と減少している。ウエストナイル熱は1999年にニューヨークに上陸した後、西に向かって広がっていった。初の感染者が出た翌年に多数の被害が発生することが経験上知られている。

 ウエストナイルウイルスに感染した場合、米国ではおおむね5人に1人がウエストナイル熱を発症し、約150人に1人が脳炎・脳症を発症し、ときには死に至る。50歳以上、または臓器移植を受けた人では重症化のリスクが高い。現在のところ、ウエストナイル熱に有効な治療薬やワクチンは製品化されていない。

 CDCのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14