2005.06.21

埋め込み型除細動器使用者では魚油サプリが逆効果?  心室頻拍がある患者で不整脈リスクが有意に上昇

 海のほ乳類や魚から豊富なオメガ-3多価不飽和脂肪酸(PUFAs)を摂取しているエスキモーには心臓死が極めて少ない。この事実が明らかになって以来、オメガ-3PUFAsの抗不整脈作用を示唆するエビデンスが蓄積されてきた。米Oregon健康科学大学のMerritt H. Raitt氏らは、持続性心室頻拍(VT)または心室細動(VF)歴のある埋め込み型除細動器(ICD)使用者に、オメガ-3PUFAsを主成分とする魚油を投与する研究を行ったところ、予想に反する結果を得た。魚油はVT/VFリスクを減じないばかりか、一部の患者には催不整脈作用が見られた。詳細は、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年6月15日号に報告された。

 研究グループは、1999年2月から2003年7月までの間、米国の6医療機関で二重盲検無作為割付比較対照試験を実施した。追跡期間の中間値は718日(20-828日)だった。対象は、埋め込み型除細動器(ICD)を使用しており、過去3カ月の間に持続性VTまたはVFを起こした患者200人。

 介入群には魚油1.8g/日(オメガ-3PUFAsを72%含有、内訳はEPA42%+DHA30%)、対照群には偽薬(オリーブ油73%、パルミチン酸12%)を投与。被験者は米国心臓協会のステップ1低脂肪ダイエットを行っており、魚の摂取量は変えないよう指導された。

 主要エンドポイントは、VT/VFによる初回のICD作動までの期間とした。ICDが作動したかどうかはメモリーを見て確認した。ICD作動因はVT、VF、心房細動、上室性頻拍、過剰感知(横隔膜筋電位やT波などノイズを誤って検知してしまう)などだった。

 介入群の赤血球膜のオメガ-3PUFAs含有量の平均は、ベースラインの4.7%から3カ月後には8.3%に増加した。対照群には変化は見られず、差は有意だった(P<0.001)。6カ月、12カ月、24カ月の時点で、VT/VFによる初回のICD作動を経験していた患者の割合は、介入群でそれぞれ46%、51%、65%、対照群では36%、41%、59%(P=0.19)。ベースラインでVTがあると確認されていた患者に限定すると、介入群で61%、66%、79%、対照群では37%、43%、65%となった(P=0.007)。ハザード比を求めると、1.76(1.15-2.66)で、介入群に有意なリスク上昇が見られた。VFについては、魚油によるリスク上昇は見られなかった。2年間のVT/VFの発生回数も調べたが、介入群は平均3.5回、対照群は2.2回だった(P<0.001)。

 著者たちは予想に反した結果の説明を試み、最大の原因は、エンドポイントを心臓突然死でなくVT/VFイベントにしたことにあるのではないか、と述べている。VFは突然死の予測因子ではないという報告もあるという。今回の結果は、オメガ-3PUFAsによる心臓突然死予防効果は、VT/VFの抑制を通じて得られているのではないことを示唆している。

 いずれにせよ、ICD使用者で心室頻拍がある患者は、魚油および脂肪分の多い魚の頻回摂取を避けた方がよさそうだ。

 本論文の原題は「Fish Oil Supplementation and Risk of Ventricular Tachycardia and Ventricular Fibrillation in Patients With Implantable Defibrillators」、概要は、こちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146