2005.06.21

奈良県、主要県施設10カ所にAEDを設置

 奈良県はこのほど、県庁舎など10カ所に自動体外式除細動器(AED)各1台を配備することを決めた。併せて、一般県民などを対象とした講習会を順次実施する。奈良県では年間900人超が心肺停止状態で救急搬送されており、現場での救命活動を実施する環境を整えることで救命率を高める狙いがある。

 当面、AEDを設置するのは、県庁本庁舎のほか、奈良、高田、桜井の各総合庁舎、郡山、吉野、内吉野の各保健所、橿原公苑、県営プール、競輪場。講習会はまず保健所などに勤務する行政医師が、6月末にも救命救急センターの救急専門医から講習を受ける講師養成講習会を実施し、その後、7月に県集客施設の職員や県庁舎職員などを対象とした施設職員講習会、8月には一般県民講習会を実施する予定としている。

 奈良県のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25