2005.06.17

原油、でんぷん、廃棄物さえも…乱高下する原料価格、炭素争奪時代への備え−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 新しい原料を使った「ものづくり」が活発化してきた。エネルギー、樹脂、食品、飼料、医薬品中間体…。炭素骨格を持つこれら製品の原料に新しい炭素源を使う戦略だ。原油だけに依存しない製造法は、温暖化対策としても注目が集まり、京都議定書の発効がさらにその取り組みを後押しする。だが、期待が集まるが故に、原料を探し求める動きが活発化すれば、でんぷんやゴミだったはずの廃木材さえ不足する時代が来る。原料の奪い合いが始まれば単一原料への依存はリスクとなる。木材や天然ガスなど新たな原料に対応する技術開発が進み始めた。多様な原料に対応できる生産系を手札として持つことで、乱高下する原料価格に柔軟に対応できる。

 日経バイオビジネス7月号では、「原油、でんぷん、廃棄物さえも…乱高下する原料価格、炭素争奪時代への備え!」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

トレンド
 バイオ医薬の生産受託ビジネスが競争時代に突入
 好調続くトップのBI社。生産効率改善にも新手

 神奈川県が医療機関経営の民間参入で第1号の特区申請
 バイオベンチャーが診療所開設に名乗り。先端医療技術の実用化に新たな道を開くか

 GSK社探索研究トップに聞く
 3本柱のGSK社の探索戦略。自動化で年間アッセイ1億回超

 ビールメーカーのDNAチップ活用
 品質管理・開発で実用狙うサントリー、キリン、サッポロ

 機能解明進んだ植物ペプチドホルモンPSK
 細胞を活性化するペプチドで植物培養が大きく変わる

 ヘラクレスの上場申請凍結
 突然の決定にベンチャーから怨嗟の声。調達の当てはずれ資金繰りに窮する企業も

 ライブドア vs ソフトバンク・インベストメント
 次はバイオ投資で対決? 専門ファンドで両社本格参入

 米ISBがシステムバイオロジーのシンポジウム
 シミュレーションの信頼性がドライとウエット協調の鍵

キーパーソンインタビュー
 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター長・榊佳之 氏
 ゲノムの産業利用が始まる、IT人材と計測技術開発が鍵

 詳しくは、日経バイオビジネス7月号(7月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132