2005.06.17

患者の不満なくします、説明力向上大作戦−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 治療の効果を上げるために、説明と指導をきちんと行うことは、極めて重要だ。不十分な説明・指導は、患者の不満につながるだけでなく、患者離れの原因にもなる。「説明力」を向上させ、患者の不満解消に役立つ、便利なアイテムを紹介する。

 日経メディカル6月号では、「患者の不満なくします、説明力向上大作戦」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

トレンドビュー
・痛や咽頭痛、喘鳴にもGERDを疑え
・消毒薬使わぬ「傷の湿潤療法」広がる
・子宮筋腫を切らずに超音波で焼く新療法
・覚醒下の脳外科手術で麻痺発生を防止
・「DPCは粗診粗療を生まず」は本当か
・医療関連死の徹底解明でモデル事業開始

診療アップデート
 感染症治療を見直す

 詳しくは、日経メディカル6月号(6月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175