2005.06.17

ナナオ、医用液晶ディスプレイ2機種などを発売

 ナナオは6月16日、医用画像表示モニター「EIZO RadiForce」シリーズの液晶ディスプレイ新製品2機種と画像のリモートキャリブレーションを可能にするセンサーユニット1機種を発表した。8月下旬から順次発売する。

 「EIZO RadiForce G33」(写真左)は、20.8型のモノクロ液晶ディスプレイ。同社の既存製品に対し、新たに追加した主な新機能としては、(1)画面の明るさなどを正しい状態に調整するための格納式キャリブレーション(較正)センサー、(2)表示面のどこでも均一な輝度を実現する機能、(3)DICOM 14対応モードなど複数のキャリブレーションモードが選択できる機能、(4)12ビット同時表示を実現、(5)バックライトの寿命を予測し、管理を容易にする機能などを搭載している。キャリブレーションセンサーにより、医療機関のシステム管理者は院内ネットワークを通じて、画像品質を一括管理できるようになった。オープン価格で9月中旬に発売する。

 「EIZO Radiforce R31」(写真中)は、20.8型カラー液晶ディスプレイで、G33と同様のキャリブレーションモード選択機能やバックライトの寿命予測機能を搭載しているほか、同社の従来製品に対し、新たに、10ビットカラー入力に対応したほか、画面上の特定領域を任意の輝度、階調に設定できる機能を搭載した。この機能により、表示の中で患部だけをハイライトするといった処理ができる。オープン価格で、9月下旬に発売する。

 「EIZO Clip-On Swing Sensor G1」(写真右)は、液晶ディスプレイの前面に装着するセンサーで、同社の既存ディスプレイに装着することでG33と同様、ネットワーク上からの一括品質管理が可能になる。オープン価格で8月下旬に発売する。

 なお、同社では、放射線科医師や医療情報システム管理者を対象に医用ディスプレイの特性、品質管理やフィルムレス運用についてのセミナーを開催し、併せて上記の新製品を展示する「EIZOメディカルセミナー2005」を7月2日に東京・高輪のホテルパシフィック東京で開催する。参加についての問い合わせは、同社営業1部メディカル課(TEL03-5715-2014)まで。

 プレスリリースはこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正