2005.06.17

中国新彊ウイグル自治区で肺炎の集団発生か 複数の患者と医療関係者が隔離の情報も

 中国新彊ウイグル自治区で、肺炎の集団発生があったもようだ。米国の科学者組織Federation of American Scientistsが新興感染症をモニタリングするために提供しているProMED-mailが、信頼できる筋からの情報として伝えた。

 それによると、6月15日、ProMED-mail編集部は、新彊ウイグル自治区のTacheng病院で肺炎患者の集団発生があったとの情報を入手した。ウイルス性感染症のため、複数の患者、医療関係者が隔離されているという。ただし、患者についてはインフルエンザではなく、「A群溶連菌の二次感染による大葉性肺炎」と診断されているという。

 Tachengは、6月8日に、OIE (国際獣疫事務局)に対してトリインフルエンザによるガチョウの大量死(460羽)が報告された地区で、ヒトへの感染が懸念されていただけに、本件との関連性が注目される。

 なお、ProMED-mail編集部では、細菌性肺炎患者発生で患者と医療スタッフが隔離されたとする報告は異例と受け止めており、関係者への情報提供を求めている。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198