2005.06.17

中国新彊ウイグル自治区で肺炎の集団発生か 複数の患者と医療関係者が隔離の情報も

 中国新彊ウイグル自治区で、肺炎の集団発生があったもようだ。米国の科学者組織Federation of American Scientistsが新興感染症をモニタリングするために提供しているProMED-mailが、信頼できる筋からの情報として伝えた。

 それによると、6月15日、ProMED-mail編集部は、新彊ウイグル自治区のTacheng病院で肺炎患者の集団発生があったとの情報を入手した。ウイルス性感染症のため、複数の患者、医療関係者が隔離されているという。ただし、患者についてはインフルエンザではなく、「A群溶連菌の二次感染による大葉性肺炎」と診断されているという。

 Tachengは、6月8日に、OIE (国際獣疫事務局)に対してトリインフルエンザによるガチョウの大量死(460羽)が報告された地区で、ヒトへの感染が懸念されていただけに、本件との関連性が注目される。

 なお、ProMED-mail編集部では、細菌性肺炎患者発生で患者と医療スタッフが隔離されたとする報告は異例と受け止めており、関係者への情報提供を求めている。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正