2005.06.16

【裁かれたカルテ】 PTCAを受けた患者が出血のため死亡 術中に冠動脈を穿孔、医師の過失責任は免れず

 国立病院東京災害医療センター(当時)で心臓血管の閉塞を治療するために経皮経管的冠動脈形成術(PTCA)を受けた患者が、冠動脈の穿孔のため出血し、結局、死亡してしまった。遺族らは、術者である医師に過失があったとし、6000万円余の損害賠償を求め提訴。裁判所は4月末、「術者の過失責任は免れない」と判断し、3600万円余の賠償を認める判決を下した。

 判決は、「手術中、当初見えていた側副血行路が消失しカテーテルが真腔を捉えていない可能性が高いと認識できた」、かつ、「その時点でバルーンをあえて拡張すべき緊急性も乏しかった」と認定。それにもかかわらず、バルーンを拡張し、冠動脈を穿孔して出血を招き、結果として患者が死亡したのは、「術者の過失責任は免れないものと判断せざるを得ない」と結論付けた。

■診療経過(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正