2005.06.14

【裁かれたカルテ】 糖尿病ケトアシドーシスに起因する多臓器不全で死亡 被告医師の判断・処置に誤り、7000万円余の賠償認める

 糖尿病ケトアシドーシスに起因する多臓器不全で死亡した事例で、遺族らは、被告医師に過失があったためとして、8000万円余の損害賠償を求め提訴。裁判所は、被告医師の判断・処置に誤りを認め、7000万円余の損害賠償を認める判決を下した。今回は、治療が適切だったかどうかが争われた判例を紹介する。

 裁判では、被告病院で行われた治療が適切だったかどうかが最大の争点となった。具体的には、(1)輸液、インスリンなどの量が適切だったか、(2)患者がIVHを外した際に適切な処置をしたか−−の2つ。

■事件概要(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

■輸液量はそもそも大幅に不足していた

 裁判所はまず、輸液量に着目。事件当時の医療水準では、糖尿病ケトアシドーシスに罹患した通常の患者については、症状の大幅な改善が認められない限り、1日当たり少なくとも5000mL程度の輸液量が求められているとした。また、Aさんが事件当時、約130kgという肥満体だったことを考えると、この標準量をさらに上回る量の輸液が必要だったと認定した。
 
 しかし、被告医師が試みた輸液の総量は、輸液開始から被告病院を退院したときまでの47時間余りで、多くても4420mLにすぎなかったため、「必要とされる輸液量を大幅に下回っていたものと評価せざるを得ない」と判断した。Aさんが自らIVHを外して、看護師によって輸液が再開されるまでの約12時間は、輸液が全く行われなかった事実にも言及し、「輸液量は4420mLをさらに下回っていた」と断じた。

 結局、「輸液量はそもそも大幅に不足していた」のであるから、この点で「被告医師Dの判断及び処置に誤りがあった」と結論付けた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20