2005.06.13

処方せんを読む、RA患者に処方された抗菌剤の効能(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年6月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「RA患者に処方された抗菌剤の効能」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 関節リウマチで20年以上治療を受けてきた46歳の男性Bさんが、総合病院のリウマチ科を受診した帰りに処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 これまでにいろいろな薬を飲んできましたが、いまだに指の関節の痛みが取れません。前回までの薬もあまり効かないようなので、今日から別の薬を出してみると先生に言われました。どのような薬なのでしょうか。副作用も心配です。

■処方せん
(1)アザルフィジンEN錠(500mg) 2錠
  ミノマイシン錠100mg 2錠
  ボルタレン錠(25mg) 2錠
  ムコスタ錠100 2錠
  分1 頭痛時頓用 5回分

(2)プレドニン錠5mg 2錠
  分1 朝食後 30日分

(3)マイスリー錠5mg 2錠
  分1 就寝前 14日分

*前回までBさんには、リウマトレックスカプセル2mgが週4カプセル処方されていたが、今回からミノマイシン錠に変更された。
*上記のほか、リマチル、リドーラ、メタルカプターゼの服用歴があり、滑膜切除術を3回施行されている。

Qミノマイシン(一般名:塩酸ミノサイクリン)が関節リウマチに効果を発現するメカニズムと関係が深いと考えられるのは、次のうちどれか。
(1) リンパ球増殖抑制作用
(2) 自己抗体産生抑制作用
(3) 抗菌作用
(4) TNF(腫瘍壊死因子)-α産生抑制作用
(5) 活性酸素除去・産生抑制作用

 答えは本誌2005年6月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335