2005.06.13

処方せんを読む、RA患者に処方された抗菌剤の効能(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年6月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「RA患者に処方された抗菌剤の効能」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 関節リウマチで20年以上治療を受けてきた46歳の男性Bさんが、総合病院のリウマチ科を受診した帰りに処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 これまでにいろいろな薬を飲んできましたが、いまだに指の関節の痛みが取れません。前回までの薬もあまり効かないようなので、今日から別の薬を出してみると先生に言われました。どのような薬なのでしょうか。副作用も心配です。

■処方せん
(1)アザルフィジンEN錠(500mg) 2錠
  ミノマイシン錠100mg 2錠
  ボルタレン錠(25mg) 2錠
  ムコスタ錠100 2錠
  分1 頭痛時頓用 5回分

(2)プレドニン錠5mg 2錠
  分1 朝食後 30日分

(3)マイスリー錠5mg 2錠
  分1 就寝前 14日分

*前回までBさんには、リウマトレックスカプセル2mgが週4カプセル処方されていたが、今回からミノマイシン錠に変更された。
*上記のほか、リマチル、リドーラ、メタルカプターゼの服用歴があり、滑膜切除術を3回施行されている。

Qミノマイシン(一般名:塩酸ミノサイクリン)が関節リウマチに効果を発現するメカニズムと関係が深いと考えられるのは、次のうちどれか。
(1) リンパ球増殖抑制作用
(2) 自己抗体産生抑制作用
(3) 抗菌作用
(4) TNF(腫瘍壊死因子)-α産生抑制作用
(5) 活性酸素除去・産生抑制作用

 答えは本誌2005年6月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503