2005.06.08

【癌治療の将来に関するアンケート調査2005】 「がん医療水準均てん化の推進に関する検討会」の報告書の評価は?

 MedWaveは米国臨床癌学会(ASCO)の開催を機に、「癌治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月31日までに223人から回答を得た。調査ではまず、3月29日にまとまった厚生労働省の「がん医療水準均てん化の推進に関する検討会」の報告書(MedWave3月29日付け掲載記事で既報)について尋ねた。

 報告書に提言として盛り込まれた「がんの専門医などの育成」「がん拠点病院制度の見直し」「情報の提供・普及」「がんの早期発見にかかわる体制などの充実」「がん登録制度」の5項目を挙げ、この項目の中でもっとも力を入れるべきなのはどれかを尋ねた。

 その結果、「がんの専門医などの育成」が65.5%でもっとも多く、次いで「がん拠点病院制度の見直し」が36.8%、「情報の提供・普及」が30.5%で続いた。「がんの早期発見にかかわる体制などの充実」は29.1%、「がん登録制度」は22.9%だった(図1)。



 「がん拠点病院制度の見直し」では、がん拠点病院を再構築し、(1)国立がんセンター、(2)より機能の優れた都道府県がん診療拠点病院(以下、特定中核がん拠点病院)、(3)都道府県がん診療拠点病院、(4)がん拠点病院−−の4階層のがん拠点病院ネットワークを形成するとともに、階層別に機能分担を行うという考えを取り入れた。この点について、「大変評価できる」「評価できる」「わからない」「評価できない」「まったく評価できない」の5段階で評価してもらったところ、「大変評価できる」が7.2%、「評価できる」が57.0%で、合わせて64%もの人が評価していることが分かった(図2)。



 がん専門医の育成に関しては、日本臨床腫瘍学会と日本癌治療学会がそれぞれ独自に専門医制度の設置を進めている中、「関係学会が協力して専門医の資質を一定以上に保つよう共通の基準を作る必要がある」とした。この点について、同様に5段階で評価してもらったところ、「大変評価できる」が23.3%、「評価できる」が55.6%で、合わせて79%もの人が評価していることが分かった(図3)。



 院内がん登録(全国共通ルールでがんの診療と治療成績に関するデータベースを構築する)については、その推進と同時に、院内がん登録を実施する医療機関への経済的インセンティブの必要性を盛り込んでいる。これについては、やはり5段階で評価してもらったところ、「大変評価できる」が18.4%、「評価できる」が58.7%で、合わせて77%もの人が評価していることが分かった(図4)。



 がん診療情報の提供・普及については、国立がんセンターを中心に「がん拠点病院全国連絡協議会」を作り、全国レベルの比較可能な治療成績などのデータを整備し、一般国民や医療関係者に情報提供を行っていく方向が示された。国立がんセンターに「情報センター」(仮称)を設置して、がん拠点病院の医療機能情報の収集、分析、発信を行うことが想定されているが、この構想については、やはり5段階で評価してもらったところ、「大変評価できる」が14.8%、「評価できる」が65.5%で、合わせて80%もの人が評価していた(図5)。
 


 がん診療に対する診療報酬上のインセンティブについては、「がん拠点病院制度の見直し」の項に、「緩和医療の充実、医療相談室の充実、診療成績の公表などがん拠点病院を利用する患者に資する体制の確保を推進するため、診療報酬などのインセンティブが働くよう適切な仕組みを検討する」との文章が入った。がん拠点病院を再構築して質を高めた上で、一定の条件を満たしたがん拠点病院に診療報酬を加算する方向となったわけだ。

 これについては、やはり5段階で評価してもらったところ、「大変評価できる」が17.0%、「評価できる」が58.7%で、合わせて75%もの人が評価していることが分かった(図6)。



 報告書の提言の中で、もっとも力を入れるべきとの回答が集中したのは、「がんの専門医などの育成」だった。日本臨床腫瘍学会と日本癌治療学会がそれぞれ独自に専門医制度の設置を進めている中、「関係学会が協力して専門医の資質を一定以上に保つよう共通の基準を作る必要がある」とする指摘が多くの支持を獲得したものと思われえる。

 また個々の提言について5段階評価してもらったところ、各項目とも総じて評価は高かった。報告書の提言と医療現場との実感には、大きな隔たりがないことの表れと言えよう。

 次回は、調査に協力した医師らが「最も注目している癌」について報告する。(三和護、医療局編集委員)


■ 関連トピックス ■
◆ 2005.3.29 連載:がんの検討会を読み解く】 その20
報告書まとまる、がん拠点病院を再編成



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55