2005.06.08

吸入ステロイド剤使用中に出された抗真菌剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年5月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 大学教員の45歳の男性Yさんが、爪白癬治療のため自宅近くの皮膚科診療所を受診した帰り道に薬局を訪れました。Yさんは、3カ月ほど前から気管支喘息のため大学病院の呼吸器科に通院しています。併用薬について皮膚科医が知っているか確認すると、Yさんは次のように話しました。

 飲み合わせのことを気にしてくれているのですね。皮膚科の先生は特に何も言っていませんでしたが…。今使っているのは吸入剤だけですし、この薬は飲み薬ですから問題はないでしょ。

■処方せん
(1) イトリゾールカプセル50 8カプセル
  1日2回 朝夕食直後 7日分
*この患者には、大学病院呼吸器科から、パルミコート100タービュヘイラー(一般名:ブデソニド)1本1回1吸入1日2回、朝夕が処方されている。

Q1 Sさんに対するイトリゾール(一般名:イトラコナゾール)の処方にはどのような問題があるか。

Q2 疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年5月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44