2005.06.07

東京都で、ダイエット食品「天天素」の健康被害が新たに2件

 東京都は6月6日、ダイエット食品「天天素 清脂こう嚢」が原因と疑われる健康被害の届け出が、6月1日と6月3日に計2件あったと発表した。

 被害に遭ったのは多摩地区在住の20代女性と10代女性。20代女性は4月中旬から1カ月間、天天素を服用し、めまいやふらつきなどの症状を訴えた。10代女性は5月27日から4日間服用し、悪心や倦怠などの症状を訴えた。いずれも現在では回復している。

 東京都内での天天素による健康被害は、5月26日発表の死亡例をはじめ、足立区、板橋区が公表の3例を含めた4例があった。今回の発表により6例となる。

 天天素からは、国内未承認の成分として肥満症の治療薬「シブトラミン」と下剤成分の「フェノールフタレイン」、向精神薬の「マジンドール」と生薬の下剤「ダイオウ」が検出されている。

 東京都では、健康被害を未然に防止するため、都民に対し、天天素を服用しないよう注意を呼びかけている。

 本件の発表資料はこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2