2005.06.07

東京都で、ダイエット食品「天天素」の健康被害が新たに2件

 東京都は6月6日、ダイエット食品「天天素 清脂こう嚢」が原因と疑われる健康被害の届け出が、6月1日と6月3日に計2件あったと発表した。

 被害に遭ったのは多摩地区在住の20代女性と10代女性。20代女性は4月中旬から1カ月間、天天素を服用し、めまいやふらつきなどの症状を訴えた。10代女性は5月27日から4日間服用し、悪心や倦怠などの症状を訴えた。いずれも現在では回復している。

 東京都内での天天素による健康被害は、5月26日発表の死亡例をはじめ、足立区、板橋区が公表の3例を含めた4例があった。今回の発表により6例となる。

 天天素からは、国内未承認の成分として肥満症の治療薬「シブトラミン」と下剤成分の「フェノールフタレイン」、向精神薬の「マジンドール」と生薬の下剤「ダイオウ」が検出されている。

 東京都では、健康被害を未然に防止するため、都民に対し、天天素を服用しないよう注意を呼びかけている。

 本件の発表資料はこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:346
  3. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163
  5. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  6. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:200
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. 免許更新時、認知症の診断ができないケースとは プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:16
  10. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:57