2005.06.07

東京都で、ダイエット食品「天天素」の健康被害が新たに2件

 東京都は6月6日、ダイエット食品「天天素 清脂こう嚢」が原因と疑われる健康被害の届け出が、6月1日と6月3日に計2件あったと発表した。

 被害に遭ったのは多摩地区在住の20代女性と10代女性。20代女性は4月中旬から1カ月間、天天素を服用し、めまいやふらつきなどの症状を訴えた。10代女性は5月27日から4日間服用し、悪心や倦怠などの症状を訴えた。いずれも現在では回復している。

 東京都内での天天素による健康被害は、5月26日発表の死亡例をはじめ、足立区、板橋区が公表の3例を含めた4例があった。今回の発表により6例となる。

 天天素からは、国内未承認の成分として肥満症の治療薬「シブトラミン」と下剤成分の「フェノールフタレイン」、向精神薬の「マジンドール」と生薬の下剤「ダイオウ」が検出されている。

 東京都では、健康被害を未然に防止するため、都民に対し、天天素を服用しないよう注意を呼びかけている。

 本件の発表資料はこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124