2005.06.07

【解説】日常診療での「ヒヤリ・ハット」 与薬関連が40%、転倒・転落も18%超−−記述情報の分析から

 厚生労働省が取り組んでいるヒヤリ・ハット事例収集・分析事業(注)で、2004年5〜8月までに収集された1万4000例を超える記述情報の分析結果がこのほど公表された。それによると、与薬関連が40%ともっとも多く、転倒・転落も18%超だった。

 今回で第12回目となる記述情報の分析で、事例の報告に協力したのは506施設(前回は84施設)だった。収集件数は1万6878件(前回1914件)で、空白や重複件数を除いた有効件数は、1万4418件と急増した(前回1631件)。2004年4月に収集対象が全医療機関に広がったことから、事業への参加登録施設も1235施設に増加し、報告件数も従来の約9倍に上る事例が集まった。

 記述情報の分析については、記述情報検討班が担当している。その報告書によると、「与薬」「転倒・転落」「チューブ・カテーテル」などで発生件数が目立っている。これは従来の傾向と同様だという(表)。

 このほかでは、検査に関する事例も少なくなかった。例えば、検査の指示出しや指示を実施する過程で、医療関係者の間違いがあったため、患者が検査を受けられなかった事例や血糖測定を忘れたためインスリン注射が実施できなかった事例なども報告されている。

■表−発生件数が多い手技・処置

 与薬(点滴・注射、輸血)に関するもの 3015件 20.9%(全体に占める割合、以下同様)
 与薬(内服・外用、麻薬)に関するもの 2738件 19.0%
 転倒・転落、抑制に関するもの     2676件 18.6% 
 チューブ・カテーテル類に関するもの  1593件 11.0%
 検査に関するもの           1535件 10.7%
 食事、栄養に関するもの         591件 4.1%
 器機および器機操作に関するもの     460件  3.2%

 
 報告書では、重点項目を決めて分析も加えているが、今回は「与薬(内服・外用、麻薬)」「転倒・転落、抑制」「検査」「食事、栄養」「器機および器機操作」の5テーマを取り上げている(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18