2005.06.07

鳥取県立中央病院が2006年度研修生募集中

 鳥取県立中央病院が2006年度の研修生を募集している。募集定員は6人で、願書提出期限は2005年8月18日(木)正午。

 応募資格は、2006年度医師国家試験受験予定者。要綱や願書などの様式については作成中で、決定後にホームページに掲載する(ホームページはこちら)。

 選考方法は、面接及び書類審査(希望の面接日を調整する)。

 問い合せ先は、鳥取県立中央病院総務課(〒680−0901 鳥取県鳥取市江津730、TEL:0857-26-2271、FAX:0857-29-3227、E-mail:chuoubyouin@pref.tottori.jp)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56