2005.06.06

【解説】日常診療での「ヒヤリ・ハット」、2004年4〜9月までに8万8601例が報告

 厚生労働省が取り組んでいるヒヤリ・ハット事例収集・分析事業で、2004年4〜9月までに収集された8万8601例に関する分析結果が報告された。特定機能病院、国立病院・療養所の医療機関を対象にインシデント事例を収集、集計・分析した結果を公表しているもので、2001年10月にスタートし、今回の報告で13回目を数える。インシデント事例とは、患者に傷害を及ぼすことはなかったが、日常診療の場で"ヒヤリ"としたり"ハッ"とした事例をいう。

 報告対象期間は、2004年4〜9月。報告事例総数は8万8601件で、前回の1万3443件を大幅に上回った。

 今回は全体の分析結果を紹介したい。

 まず発生月。6月にピークがあった。報告書では、「4月採用新人看護師の馴れが生じる6月、7月にヒヤリ・ハット発生ピークがあるのかもしれない」とコメントしている。

 発生時間帯。これまでの結果同様、6〜7時台になると増加し、10〜11時台にほぼピークに達していた。12〜19時まで次第に減少していき、深夜帯の発生は少ないという日内変動を示した(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198