2005.06.06

【解説】日常診療での「ヒヤリ・ハット」、2004年4〜9月までに8万8601例が報告

 厚生労働省が取り組んでいるヒヤリ・ハット事例収集・分析事業で、2004年4〜9月までに収集された8万8601例に関する分析結果が報告された。特定機能病院、国立病院・療養所の医療機関を対象にインシデント事例を収集、集計・分析した結果を公表しているもので、2001年10月にスタートし、今回の報告で13回目を数える。インシデント事例とは、患者に傷害を及ぼすことはなかったが、日常診療の場で"ヒヤリ"としたり"ハッ"とした事例をいう。

 報告対象期間は、2004年4〜9月。報告事例総数は8万8601件で、前回の1万3443件を大幅に上回った。

 今回は全体の分析結果を紹介したい。

 まず発生月。6月にピークがあった。報告書では、「4月採用新人看護師の馴れが生じる6月、7月にヒヤリ・ハット発生ピークがあるのかもしれない」とコメントしている。

 発生時間帯。これまでの結果同様、6〜7時台になると増加し、10〜11時台にほぼピークに達していた。12〜19時まで次第に減少していき、深夜帯の発生は少ないという日内変動を示した(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164