2005.06.03

松下、水の微粒子を放出するヘアドライヤーを発表 髪を強く、しなやかにする効果

 松下電器産業は、髪の毛を強く健康にする効果があるとするヘアドライヤー「イオニティ ナノケア ウインドプレス」を6月21日に発売する。
 ドライヤーから帯電させた微細な水粒子(ナノイーイオン)を放出させることで、髪に潤いを持たせ、髪の毛の強度を高め、ツヤやしなやかさも高めるという。オープン価格で、想定市場価格は1万8000円程度。

 イオンを放出し、空気中の水分を帯電させて髪に送るマイナスイオン方式のドライヤーは、「髪がしっとりする」といった効果があるといわれている。

 水粒子イオンを放出するナノイーイオン方式の新ドライヤーは、内部に水タンクを設け、その水に高電圧をかけ、直径約18nm(1ナノは10億分の1)の微粒子にして放出する。

 このため、マイナスイオン方式と比べて、(1)pH5.5の弱酸性(マイナスイオンの場合は中性)、(2)水分量がマイナスイオンの約1000倍――という2つの特徴をもつ。水分量が多く弱酸性のため、傷んだ髪(アルカリ性)を潤して弱酸性にし、キューティクルを引き締めるという。

 また、マイナスイオンのドライヤーと比べて、(1)髪の切断強度が約20%高まる、(2)髪のしなやかさの回復度合いが2.43倍に高まる、(3)髪のツヤの保持時間が約2倍に伸びる、(4)髪の水分保持時間が約1.65倍に伸びる――という実験結果を公表した。

 新ドライヤーは風の吹き出し口が同心円状の2重構造で、中心部から温風、外側から冷風が出る。ナノイーイオンは冷風によって運ばれ、温風の影響を抑えている。

 なお、同社は髪の毛に対するこれらの成果を日本皮膚科学会(2005年9月開催予定)などで発表する予定。(日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103