2005.06.03

松下、水の微粒子を放出するヘアドライヤーを発表 髪を強く、しなやかにする効果

 松下電器産業は、髪の毛を強く健康にする効果があるとするヘアドライヤー「イオニティ ナノケア ウインドプレス」を6月21日に発売する。
 ドライヤーから帯電させた微細な水粒子(ナノイーイオン)を放出させることで、髪に潤いを持たせ、髪の毛の強度を高め、ツヤやしなやかさも高めるという。オープン価格で、想定市場価格は1万8000円程度。

 イオンを放出し、空気中の水分を帯電させて髪に送るマイナスイオン方式のドライヤーは、「髪がしっとりする」といった効果があるといわれている。

 水粒子イオンを放出するナノイーイオン方式の新ドライヤーは、内部に水タンクを設け、その水に高電圧をかけ、直径約18nm(1ナノは10億分の1)の微粒子にして放出する。

 このため、マイナスイオン方式と比べて、(1)pH5.5の弱酸性(マイナスイオンの場合は中性)、(2)水分量がマイナスイオンの約1000倍――という2つの特徴をもつ。水分量が多く弱酸性のため、傷んだ髪(アルカリ性)を潤して弱酸性にし、キューティクルを引き締めるという。

 また、マイナスイオンのドライヤーと比べて、(1)髪の切断強度が約20%高まる、(2)髪のしなやかさの回復度合いが2.43倍に高まる、(3)髪のツヤの保持時間が約2倍に伸びる、(4)髪の水分保持時間が約1.65倍に伸びる――という実験結果を公表した。

 新ドライヤーは風の吹き出し口が同心円状の2重構造で、中心部から温風、外側から冷風が出る。ナノイーイオンは冷風によって運ばれ、温風の影響を抑えている。

 なお、同社は髪の毛に対するこれらの成果を日本皮膚科学会(2005年9月開催予定)などで発表する予定。(日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25