2005.06.03

テアニンに抗ストレス作用を確認 太陽化学と名大が成果を発表

 緑茶に含まれるうまみ成分で、リラックス効果のあるテアニンに、ストレスを和らげる抗ストレス作用があることが新たにわかった。太陽化学と名古屋大学大学院環境学研究科助教授の大平英樹氏が共同で、人間を対象にした実験で確認し、研究成果を5月28日の第23回日本生理心理学会大会で発表した。

 テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種で、玉露や抹茶などの高級茶に多く含まれている。これまでに、リラックス効果やPMS(月経前症候群)の改善、集中力アップ効果などが確認されてきた。

 今回の実験では、健康な男性12人にテアニン200mgを溶かした水を事前にのんでもらい、テアニンを含まない水(プラセボ)をのんだ場合と比較した。

 被験者には飲用後、単純な暗算を20分間行うというストレスを与えた。実験の前後を含めてこの間の心拍数、ストレス指標となる唾液中の分泌型免疫グロブリンA(sIgA)、主観的ストレス感の変化を測った。

 その結果、テアニンを飲用した場合は、プラセボ飲用時に比べて、心拍数、唾液中のsIgA、主観的ストレス感の増加が有意に抑制されることがわかった。

「安静時にテアニンを摂取すると、よりリラックスすることは確認されているが、作為的に精神的ストレスを与え、そのストレスが軽減する効果を確認したのは初めて」と太陽化学総合研究所の小関誠氏は話す。(清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正