2005.06.03

カネボウ化粧品、皮膚のバリア機能高める塩化レボカルニチンを開発

 カネボウ化粧品は5月30日、脂肪の燃焼効果がある「L-カルニチン」の塩化物「塩化レボカルニチン」を開発し、新規医薬部外品有効成分として、このほど厚生労働省の承認を得たと発表した。塩化レボカルニチンは皮膚に浸透するとL-カルニチンとなり肌荒れ・荒れ性に効果を発揮するという。

 L-カルニチンは脂肪の代謝に必要な物質で、食物から吸収されるほか、体内でも生合成される。脂肪燃焼促進効果があるとして、サプリメントとしても注目されている。

 皮膚においても、L-カルニチンが脂肪酸の燃焼を促し、表皮細胞が顆粒層から角質層に変化するためのエネルギーを供給すると考えられている。L-カルニチンが減少すると、角質層を形成するためのエネルギー供給が減り、肌荒れの原因になると考えられる。同社では老化に伴って皮膚中のL-カルニチンが著しく減少することを明らかにしている。

 同社では老化した塩化カルボニチンを塗布した場合、表皮の脂肪燃焼(β酸化)が高まり、表皮のバリア機能に必要な角質層の細胞間脂質が増加し、肌荒れに対する抵抗性が高まることを確認した。さらに乾皮症(ドライスキン)の人に対して塩化レボカルニチン配合剤と無配合剤を塗布したところ、配合品では無配合品に対し、角質水分量の増加など皮膚機能の有意な改善が得られたという。

 こうした研究を踏まえ、同社は塩化レボカルニチンを配合したスキンケア商品を、今秋にも商品化する予定としている。

 本件についてのプレスリリースは、こちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5