2005.06.02

ファンケル、日焼けによるシワを防止する物質を発見

 ファンケルと県立広島大学教授の三羽信比古氏は、地中海沿岸原産のキク科の植物「マリアアザミ」(Silybum marianum)の種子から抽出した「シリビン」「シリジアニン」「シリクリスチン」という成分とシリビンにリン脂質を結合させた「シリビン/フィトソーム」に紫外線A波により生じる細胞内の酸化傷害を軽減する機能があり、それにより高いしわ抑制効果があることを発見、6月2〜3日に開催された日本香粧品学会第30回学術大会で発表した。

 ヒトから摘出した皮膚片を器官培養し、日常的な線量の紫外線A波を1日2〜3回、5〜10日間繰り返し照射して生じた"模擬しわ"に対する抑制効果を解析したところ、シリマリンおよびシリビン/フィトソーム処理により"模擬しわ"の形成が抑制された。また、皮膚組織切片の顕微鏡観察により、シリビン/フィトソームがヒトの摘出皮膚片の毛孔、皮脂腺、汗孔を経由して皮膚深部へ浸透していることが明らかになった。

 また、ヒト皮膚片および表皮角化細胞と繊維芽細胞に酸化傷害として、紫外線照射および過酸化脂質発生剤を処理して生じた酸化傷害に対する抑制効果を調べたところ、DNA切断や細胞膜破壊などの酸化傷害により細胞死が誘導されるが、シリマリンおよびシリンビン/フィトソーム処理により細胞死抑制効果が認められたという。

 なお、ファンケルは、第104回日本皮膚科学会総会で、シリマリンには、表皮基底細胞の活性化、基底膜タンパク質の産生促進、真皮の弾性繊維である1型コラーゲンやエラスチンの産生促進により、しわを抑制することを発表している。

 この件のプレスリリースはこちら(PDF)で入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3