2005.06.02

ファンケル、日焼けによるシワを防止する物質を発見

 ファンケルと県立広島大学教授の三羽信比古氏は、地中海沿岸原産のキク科の植物「マリアアザミ」(Silybum marianum)の種子から抽出した「シリビン」「シリジアニン」「シリクリスチン」という成分とシリビンにリン脂質を結合させた「シリビン/フィトソーム」に紫外線A波により生じる細胞内の酸化傷害を軽減する機能があり、それにより高いしわ抑制効果があることを発見、6月2〜3日に開催された日本香粧品学会第30回学術大会で発表した。

 ヒトから摘出した皮膚片を器官培養し、日常的な線量の紫外線A波を1日2〜3回、5〜10日間繰り返し照射して生じた"模擬しわ"に対する抑制効果を解析したところ、シリマリンおよびシリビン/フィトソーム処理により"模擬しわ"の形成が抑制された。また、皮膚組織切片の顕微鏡観察により、シリビン/フィトソームがヒトの摘出皮膚片の毛孔、皮脂腺、汗孔を経由して皮膚深部へ浸透していることが明らかになった。

 また、ヒト皮膚片および表皮角化細胞と繊維芽細胞に酸化傷害として、紫外線照射および過酸化脂質発生剤を処理して生じた酸化傷害に対する抑制効果を調べたところ、DNA切断や細胞膜破壊などの酸化傷害により細胞死が誘導されるが、シリマリンおよびシリンビン/フィトソーム処理により細胞死抑制効果が認められたという。

 なお、ファンケルは、第104回日本皮膚科学会総会で、シリマリンには、表皮基底細胞の活性化、基底膜タンパク質の産生促進、真皮の弾性繊維である1型コラーゲンやエラスチンの産生促進により、しわを抑制することを発表している。

 この件のプレスリリースはこちら(PDF)で入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127