2005.06.02

中年男性の64%がカロリー過多を自覚、3カ月以上運動ゼロも62%、花王の調査で判明

 若々しさの残る顔と対照的にぽっこりとしたお腹――通勤電車やオフィスの中でこんな30代男性を見かける機会が増えている。5月30日に花王が発表した調査結果「現代サラリーマンの太りやすい生活行動」は、まさにこの印象を裏付けるものだ。首都圏在住の30〜50代サラリーマン男性の6割以上が、太りやすい生活をおくっていると自覚しているという。

 調査は2004年11〜12月、首都圏在住の30〜50歳代既婚男性サラリーマンを対象に、調査期間中の任意の連続する7日間の日常行動や生活意識を自記式で記入する方式で実施、323人から有効回答を得た。

 その結果、全体の60%が自分の食生活や運動習慣から考えて、「太りやすい生活」をおくっていると自覚していた。自覚がある人の43%は実際、最近5年間に体重が増加している。

 食生活についてのアンケート回答は、「身体を壊して当然」と言っても過言ではないものだ。全体の64%が、自分の食生活をカロリーオーバーだと認識している。特に太りやすい生活を自覚している人では、79%がカロリーオーバーだと考えている。ところが、適正カロリー量を知っているのは全体の10%に過ぎない。このほか、「早食い」を自覚する人が72%、「食事が不規則」が54%、「寝る直前に食べる」が59%に達している。

 食生活に劣らず運動も貧弱だ。全体の3分の2近くの62%は直近3カ月に全く運動をしていない。運動不足を自覚している人は全体の69%に達する。せっかくの休日も多忙や疲労を口実に、全体の57%が「家でごろごろ」している。

 不適切な食生活や運動不足で引き起こされる肥満は、癌など生活習慣病の原因になることが知られている。最近、礼儀作法や服装、小物などを話題にした中高年男性雑誌が大きなブームになっているが、自分の生活や身体に磨きをかける方が先決ではないだろうか。(中沢真也)

本調査に関する花王のプレスリリースはこちらまで。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正