2005.06.02

中年男性の64%がカロリー過多を自覚、3カ月以上運動ゼロも62%、花王の調査で判明

 若々しさの残る顔と対照的にぽっこりとしたお腹――通勤電車やオフィスの中でこんな30代男性を見かける機会が増えている。5月30日に花王が発表した調査結果「現代サラリーマンの太りやすい生活行動」は、まさにこの印象を裏付けるものだ。首都圏在住の30〜50代サラリーマン男性の6割以上が、太りやすい生活をおくっていると自覚しているという。

 調査は2004年11〜12月、首都圏在住の30〜50歳代既婚男性サラリーマンを対象に、調査期間中の任意の連続する7日間の日常行動や生活意識を自記式で記入する方式で実施、323人から有効回答を得た。

 その結果、全体の60%が自分の食生活や運動習慣から考えて、「太りやすい生活」をおくっていると自覚していた。自覚がある人の43%は実際、最近5年間に体重が増加している。

 食生活についてのアンケート回答は、「身体を壊して当然」と言っても過言ではないものだ。全体の64%が、自分の食生活をカロリーオーバーだと認識している。特に太りやすい生活を自覚している人では、79%がカロリーオーバーだと考えている。ところが、適正カロリー量を知っているのは全体の10%に過ぎない。このほか、「早食い」を自覚する人が72%、「食事が不規則」が54%、「寝る直前に食べる」が59%に達している。

 食生活に劣らず運動も貧弱だ。全体の3分の2近くの62%は直近3カ月に全く運動をしていない。運動不足を自覚している人は全体の69%に達する。せっかくの休日も多忙や疲労を口実に、全体の57%が「家でごろごろ」している。

 不適切な食生活や運動不足で引き起こされる肥満は、癌など生活習慣病の原因になることが知られている。最近、礼儀作法や服装、小物などを話題にした中高年男性雑誌が大きなブームになっているが、自分の生活や身体に磨きをかける方が先決ではないだろうか。(中沢真也)

本調査に関する花王のプレスリリースはこちらまで。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正