2005.05.31

【リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】 最近目立ってきた疾患、あるいは今後もっとも注目すべき疾患は何か

 MedWaveは日本リウマチ学会の開催を機に、「リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月12日までに101人から回答を得た。調査では、最近目立ってきた疾患や、今後もっとも注目すべき疾患について尋ねた。



 調査ではまず、現在診察している疾患について尋ねた(n=101、複数回答)。その結果、「関節リウマチ」がもっとも多く91.1%だった。次いで多かったのは、「シェーグレン症候群」で47.5%だった。「全身性エリテマトーデス」が41.6%で続いた(図1)。



 最近目立ってきた疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」がやはり多く、41.6%と突出していた(図2)。次に多かったのは、「シェーグレン症候群」で19.8%だった。「血管炎症候群」が12.9%あり、現在診察している疾患では少ない方(23.8%)だったことを考えると、注目の疾患と言えそうだ。



 最後に今後もっとも注目すべき疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」が57.4%で1位だった(図3)。「シェーグレン症候群」と「血管炎症候群」がそれぞれ9.9%で続いた(次回はもっとも注目すべき疾患に挙げた理由を紹介する予定です)。

(まとめ:三和護、医療局編集委員)

*回答者の主な属性
◆年齢:30〜34歳13人、35〜39歳11人、40〜44歳29人、45〜49歳29人、50〜54歳12人、55〜59歳5人、60歳以上2人。
◆診療科目:内科55人、外科5人、整形外科24人、産婦人科2人、小児科3人、精神神経科2人、皮膚科1、眼科1人、総合診療科2人、リハビリ科1人、麻酔科1人、その他の科4人。

■関連トピックス
◆ 2005.5.25 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」
◆ 2005.5.27 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】現在、処方しているリウマチ治療薬とその処方理由

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153