2005.05.31

【リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】 最近目立ってきた疾患、あるいは今後もっとも注目すべき疾患は何か

 MedWaveは日本リウマチ学会の開催を機に、「リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月12日までに101人から回答を得た。調査では、最近目立ってきた疾患や、今後もっとも注目すべき疾患について尋ねた。



 調査ではまず、現在診察している疾患について尋ねた(n=101、複数回答)。その結果、「関節リウマチ」がもっとも多く91.1%だった。次いで多かったのは、「シェーグレン症候群」で47.5%だった。「全身性エリテマトーデス」が41.6%で続いた(図1)。



 最近目立ってきた疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」がやはり多く、41.6%と突出していた(図2)。次に多かったのは、「シェーグレン症候群」で19.8%だった。「血管炎症候群」が12.9%あり、現在診察している疾患では少ない方(23.8%)だったことを考えると、注目の疾患と言えそうだ。



 最後に今後もっとも注目すべき疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」が57.4%で1位だった(図3)。「シェーグレン症候群」と「血管炎症候群」がそれぞれ9.9%で続いた(次回はもっとも注目すべき疾患に挙げた理由を紹介する予定です)。

(まとめ:三和護、医療局編集委員)

*回答者の主な属性
◆年齢:30〜34歳13人、35〜39歳11人、40〜44歳29人、45〜49歳29人、50〜54歳12人、55〜59歳5人、60歳以上2人。
◆診療科目:内科55人、外科5人、整形外科24人、産婦人科2人、小児科3人、精神神経科2人、皮膚科1、眼科1人、総合診療科2人、リハビリ科1人、麻酔科1人、その他の科4人。

■関連トピックス
◆ 2005.5.25 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」
◆ 2005.5.27 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】現在、処方しているリウマチ治療薬とその処方理由

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161