2005.05.31

【リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】 最近目立ってきた疾患、あるいは今後もっとも注目すべき疾患は何か

 MedWaveは日本リウマチ学会の開催を機に、「リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月12日までに101人から回答を得た。調査では、最近目立ってきた疾患や、今後もっとも注目すべき疾患について尋ねた。



 調査ではまず、現在診察している疾患について尋ねた(n=101、複数回答)。その結果、「関節リウマチ」がもっとも多く91.1%だった。次いで多かったのは、「シェーグレン症候群」で47.5%だった。「全身性エリテマトーデス」が41.6%で続いた(図1)。



 最近目立ってきた疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」がやはり多く、41.6%と突出していた(図2)。次に多かったのは、「シェーグレン症候群」で19.8%だった。「血管炎症候群」が12.9%あり、現在診察している疾患では少ない方(23.8%)だったことを考えると、注目の疾患と言えそうだ。



 最後に今後もっとも注目すべき疾患を1つ挙げてもらったところ、「関節リウマチ」が57.4%で1位だった(図3)。「シェーグレン症候群」と「血管炎症候群」がそれぞれ9.9%で続いた(次回はもっとも注目すべき疾患に挙げた理由を紹介する予定です)。

(まとめ:三和護、医療局編集委員)

*回答者の主な属性
◆年齢:30〜34歳13人、35〜39歳11人、40〜44歳29人、45〜49歳29人、50〜54歳12人、55〜59歳5人、60歳以上2人。
◆診療科目:内科55人、外科5人、整形外科24人、産婦人科2人、小児科3人、精神神経科2人、皮膚科1、眼科1人、総合診療科2人、リハビリ科1人、麻酔科1人、その他の科4人。

■関連トピックス
◆ 2005.5.25 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」
◆ 2005.5.27 リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】現在、処方しているリウマチ治療薬とその処方理由

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92