2005.05.31

中国製ダイエット用健康食品による健康被害は累計717人に、うち4人が死亡

 厚生労働省が5月30日までに登録・公表した中国製ダイエット用健康食品(未承認医薬品)による健康被害事例は、集計を取り始めた2002年から2005年5月30日午後7時現在までに717人に上り、うち4人が死亡している。

 最も健康被害の報告が多かったのは、「せん之素こう嚢」で197人(うち死亡1人)。「御芝堂減肥こう嚢」が194人(うち死亡2人)で続く。最近、死亡例が報告されるなど健康被害が広がっている「天天素 清脂こう嚢(てんてんそ せいしこうのう)」は44人(うち死亡1例)だった。

 健康被害が報告されている製品は45種類、また、被害報告はないが健康被害が発生するおそれが否定できない製品は20種類に及んでいる。(三和護、医療局編集委員)

*厚生労働省の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266